MQL5リファレンス

MQL5リファレンス

【MQL5】sinput変数について

sinput変数とは?sinput変数はinput変数と同じく、外部パラメーターを設定・操作するためのものです。※input変数についての詳細は↓の記事をご参照くださいinput変数との違いは、sinput変数はストラテジーテスターでの最適...
MQL5リファレンス

【MQL5】定義済み列挙型のENUM_DAY_OF_WEEKについて

ENUM_DAY_OF_WEEKとはENUM_DAY_OF_WEEKはMQL5で事前に定義されているenum列挙型です。※enum列挙型についての詳細は↓の記事をご参照くださいに設定されている識別子は以下の通りです。SUNDAY日曜日を表し...
MQL5リファレンス

【MQL5】TimeTradeServer関数について

TimeTradeServer関数の働き・役割TimeTradeServer関数は、接続されたトレードサーバーの正確な現在時刻を取得する役割を担っています。一見するとTimeCurrent関数と同じような関数に感じます。実際にTimeCur...
MQL5リファレンス

【MQL5】TimeGMTOffset関数について

TimeGMTOffset関数の働き・役割TimeGMTOffset関数は、MT5を稼働させているコンピュータのローカル時間とグリニッジ標準時(GMT)との差を計算してくれます。夏時間(DST)の変更も考慮してくれるため、一年を通して確実に...
MQL5リファレンス

【MQL5】TimeDaylightSavings関数について

TimeDaylightSavings関数の働き・役割TimeDaylightSavings関数は、夏時間(DST)が適用されているかどうかを検出し、その補正値を秒単位で提供します。トレードにおいては、特定の市場イベントや統計発表が夏時間の...
MQL5リファレンス

【MQL5】TimeGMT関数について

TimeGMT関数の働き・役割TimeGMT関数は、グリニッジ標準時(GMT)を取得するために使われます。具体的には、端末のローカル時間から夏時間(DST)を考慮してGMT時間を計算してくれます。これにより、市場がオープンしている時間や経済...
MQL5リファレンス

【MQL5】TimeLocal関数について

TimeLocal関数の働き・役割TimeLocal関数はトレーダーが自分の端末におけるローカル時間を取得するために使用されますTimeLocal関数はプログラムが実行されているコンピュータのシステム時計に基づいた時間を返します。TimeL...
MQL5リファレンス

【MQL5】StructToTime関数について

StructToTime関数の働き・役割【広告↓】StructToTime関数は、MqlDateTime構造体の形式で保存された日時を、dateTime形式(1970年1月1日からの秒数)に変換する役割を持ちます。これにより、日時に関連する...
MQL5リファレンス

【MQL5】GetTickCount関数について

GetTickCount関数の働き・役割【広告↓】GetTickCount関数は、システムが起動してからの経過時間をミリ秒単位(1/1000秒)で返す関数です。GetTickCount関数はシステムのパフォーマンス計測やタイミングの取得に有...
MQL5リファレンス

【MQL5】TimeToStruct関数について

TimeToStruct関数の働き・役割TimeToStruct関数は、特定の日時を表すdatetime型の値をより詳細な成分に分解する役割を持っています。具体的には、年、月、日、時間、分、秒などの個別の日時情報を取り出し、MqlDateT...