MQL5における定義済み定数「EMPTY_VALUE」について

MQL5リファレンス
スポンサーリンク

EMPTY_VALUEとは?

EMPTY_VALUEは、配列インジケータバッファで使用される、欠損値や未定義の数値を表すための定義済み定数です。

配列については↓の記事をご参照ください

インジケータについては↓のリンクをご参照ください

バッファについては↓のリンクをご参照ください

定数については↓の記事をご参照ください

EMPTY_VALUEは有効な数値を含まないデータポイントをチェックするために使用され、データが不足しているために計算が実行できない場合によく使用されます。

実際には、価格やインジケータ配列を初期化する際に、特定の要素がまだ計算されていないか適用されないことを示すためにEMPTY_VALUEがよく使われます。

EMPTY_VALUEの利用により、MQL5環境内での金融計算や分析において、初期化されていないデータや関連性のないデータの誤用を防ぐことができます。
<参照>

INVALID_HANDLE

————————————————————————————–

※当サイトでは、プログラミング経験ゼロの方でも、プログラミングの基礎から学べる

<MQL5でEAを作ろう講座>

をメインコンテンツとして展開しています。

【言語基礎編】

【中級実際にEAを作ろう編】

【発展編・MT5用EAを作る工程をカスタマイズしていく】

第0回から、順を追って勉強していけばプログラミングの経験がなくてもMQL5を使って、MT5用のEAが作れるように書いています。最初は難しいと感じるかもしれませんが、繰り返し勉強していく事で自然とスキルが身についていくはずです。興味ある方は是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました