数学関数

MQL5リファレンス

【MQL5】MathPow関数について

MathPow関数の働き・役割 MathPow関数は、基数を指定された指数まで引き上げるために使用されます。この関数を用いることで、任意の数値を任意の指数で累乗することができます。例えば、2を3乗する場合、MathPow関数を使用することで...
MQL5リファレンス

【MQL5】MathSrand関数について

MathSrand関数の働き・役割 MathSrand関数は、擬似ランダム整数の系列を生成するための開始点(シード)を設定する関数です。シードを設定することで、乱数生成器の初期化を行い、生成される乱数の系列を制御します。 乱数のシードとは?...
MQL5リファレンス

【MQL5】MathRand関数について

関数の働き・役割 MathRand関数は、MQL5で使用される乱数生成関数です。この関数は、0から32767の範囲の整数を返します。乱数を使用することで、プログラムにランダム性を持たせ、さまざまなシミュレーションやアルゴリズムで利用すること...