【MQL5】ChartXOnDropped関数について

MQL5リファレンス
スポンサーリンク

ChartXOnDropped関数の働き・役割

ChartXOnDropped関数は、エキスパートアドバイザースクリプトがドロップされたチャートのポイントのX座標を返します。この関数を使用することで、スクリプトエキスパートアドバイザーがどの位置にドロップされたかを特定し、その位置に基づいた処理を行うことができます。

ChartXOnDropped関数の引数について

ChartXOnDropped関数引数を取りません。

int ChartXOnDropped();

ChartXOnDropped関数の戻り値について

ChartXOnDropped関数は、エキスパートアドバイザースクリプトがドロップされたチャートのポイントのX座標を返します。戻り値の詳細は以下の通りです。

X座標値

種類: int型
説明: ドロップされたチャートのポイントのX座標を返します。この値は、チャートの左から右に向かっての位置を示します。

ChartXOnDropped関数を使う際の注意点

ChartXOnDropped関数は、エキスパートアドバイザースクリプトがドロップされたチャートのポイントのX座標を取得するために使用されます。X軸方向は左から右に向かっているため、取得した座標値は左から右の位置を示します。

ChartXOnDropped関数を使ったサンプルコード

以下に、ChartXOnDropped関数を使用してスクリプトがドロップされたチャートのポイントのX座標を取得し、その情報をログに出力するサンプルコードを示します。

//+------------------------------------------------------------------+
//| スクリプトプログラムを開始する関数                              |
//+------------------------------------------------------------------+
void OnStart()
{
  //--- スクリプトがドロップされたチャートのポイントのX座標を取得
  int X = ChartXOnDropped();

  //--- スクリプトがドロップされたチャートのポイントのY座標を取得
  int Y = ChartYOnDropped();

  //--- X座標とY座標をログに出力
  Print("(X,Y) = (", X, ",", Y, ")");
}

サンプルコードに使われた関数や文法要素の簡単な解説

OnStart関数

OnStart関数は、スクリプトの実行が開始されたときに自動的に呼び出される関数です。この関数内でスクリプトのメインロジックを実装します。

ChartXOnDropped関数

ChartXOnDropped関数は、エキスパートアドバイザースクリプトがドロップされたチャートのポイントのX座標を取得します。この関数は、ドロップされた位置のX座標をint型で返します。

ChartYOnDropped関数

ChartYOnDropped関数は、エキスパートアドバイザースクリプトがドロップされたチャートのポイントのY座標を取得します。この関数は、ドロップされた位置のY座標をint型で返します。

Print関数

Print関数は、指定されたメッセージをエキスパートログに出力します。このコードでは、Print関数を使用して、ChartXOnDropped関数およびChartYOnDropped関数によって取得されたX座標とY座標をログに出力します。

タイトルとURLをコピーしました