【MQL5】Digits関数について

MQL5リファレンス
スポンサーリンク

Digits関数の働き・役割

Digits関数は、現在のチャートシンボルの価格の値の精度を決定する小数点以下の桁数を返します。この関数を使用することで、価格データの精度を確認し、適切な処理を行うことができます。

Digits関数の引数について

Digits関数には引数はありません。この関数は、現在のチャートシンボルの小数点以下の桁数を取得するために単純に呼び出します。

int  Digits();

Digits関数の戻り値について

Digits関数は、現在のチャートシンボルの価格の値の精度を決定する小数点以下の桁数を保存する_Digits変数の値を返します。例えば、USD/JPYなどの通貨ペアでは小数点以下3桁(0.001単位)、EUR/USDでは小数点以下5桁(0.00001単位)となります。

Digits関数を使う際の注意点

Digits関数を使用する際には、取得した桁数を基に適切な価格表示や計算処理を行うことが重要です。特に、異なるシンボル間での比較や計算を行う場合、それぞれの精度に注意する必要があります。

Digits関数を使ったサンプルコード

以下に、Digits関数を使用して現在のチャートシンボルの小数点以下の桁数を取得し、エキスパートログに出力するサンプルコードを示します。

// スクリプトのエントリーポイント
void OnStart()
{
    // 現在のチャートシンボルの小数点以下の桁数を取得
    int decimalPlaces = Digits();

    // 取得した桁数をエキスパートログに出力
    Print("現在のチャートシンボルの小数点以下の桁数: ", decimalPlaces);
}

サンプルコードに使われた関数や文法要素の簡単な解説

OnStart関数
スクリプトの実行が開始されたときに自動的に呼び出される関数です。スクリプトのエントリーポイントとして機能します。

Digits関数
現在のチャートシンボルの価格の値の精度を決定する小数点以下の桁数を取得する関数です。この例では、Digits関数を呼び出して、取得した桁数をdecimalPlaces変数に格納しています。

Print関数
エキスパートログにメッセージを出力します。このサンプルでは、取得した小数点以下の桁数をエキスパートログに表示しています。

このように、Digits関数を使用することで、現在のチャートシンボルの価格精度に基づいた処理を簡単に実装できます。

タイトルとURLをコピーしました