Comment関数について

MQL5リファレンス

スポンサーリンク

機能

Comment関数はチャートの左上隅にコメントを出力する為の関数です

プログラム記述中の特定箇所をプログラムとして読み込ませないようにする、いわゆるコメントアウトとは別物です。

コメントアウトについての詳細は下記の記事をご参照ください。

MQL5 EA講座 第3回「コメントアウト」

<書式>

void  Comment(
  argument,     // 初めの値
  …          // 次の値
  );

引数

引数は、チャート表示したいデータをコンマで区切って入力します。

引数64を超えない範囲で指定できます。

改行をさせたいときは、改行文字”\n“か”\r\n”を入力します。

コメントの文字合計は2,045 文字を超えることは出来ません。

引数についてはコチラのリンクをご覧ください。

戻り値

戻り値はありません。

戻り値についてはコチラを下記の記事をご覧ください。

備考

配列は Alert() 関数には渡せません。配列は要素ごとに渡される必要があります。

double 型のデータは小数点以下最大 16 桁の精度で出力され、どちらの表記がよりコンパクトになるかに応じて、伝統的または科学形式で出力することが出来ます。float 型のデータは小数点以下 5 桁で出力されます。実数を異なる精度または事前定義された形式で出力するには DoubleToString() 関数が使用されます。

bool 型のデータは「 true 」または 「 false 」の文字列として出力されます。日付は YYYY.MM.DD HH:MI:SS として出力されます。日付を別の形式で表示するには TimeToString() 関数が使用されます。カラー型のデータはR、G、Bの文字列、または、色がカラーセットに存在する場合は色名として出力されます。

Comment() 関数はストラテジーテスターでの最適化中には使用できません。

↑Comment関数が出力するデータは、必ずしもstring型(=文字列型)でなくてもいいわけで、

それぞれのデータ型における、出力時の留意事項が書かれています。

データ型についてはそれぞれ以下の記事を参考にしていただければと思います。

サンプルコード




void OnTick() 
  { 


   double Ask,Bid; 
   long Spread; 
   
   
   Ask=SymbolInfoDouble(Symbol(),SYMBOL_ASK); 
   Bid=SymbolInfoDouble(Symbol(),SYMBOL_BID); 
   Spread=SymbolInfoInteger(Symbol(),SYMBOL_SPREAD); 

  Comment(StringFormat("出力結果\nAsk = %f\nBid = %f\nスプレッド= %d\n",Ask,Bid,Spread)); 
  }

出力結果↓

OnTick関数については↓をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました