スポンサーリンク
ホーム » MQL5でEA作ろう講座 » 【超入門】MQL5 EA講座 第13回「データ型その3 文字列型」
a

【超入門】MQL5 EA講座 第13回「データ型その3 文字列型」

MQL5でEA作ろう講座
スポンサーリンク

-<PR>-

※【おススメのMT5MQL5対応のFX業者】

MQL5にて開発した、MT5EAを実運用するにあたり、

当サイトでは以下のFX業者をおススメいたします。

外為ファイネスト

EAの利用制限なし。スキャルピングもOK

外為ファイネストに関する記事はコチラ

アヴァトレードジャパン

自動売買界最狭スプレッド水準

アヴァトレードジャパンに関する記事はコチラ


前回データ型のうち実数型、すなわち小数点以下の値を含んだ数の変数を作るときに用いるデータ型についてお話ししました。

改めて前回の内容をおさらいをしておくと、

  • 実数とは「小数点以下の値を持つ数」のことである。

  • 基本的には実数型の変数を用意する時は、double を使っておけばよい。

ということをお伝えしました。

これで、これまでに整数型実数型というデータ型をお伝えしたことになります。

小数点のない数字を格納する変数を用意したいときは int

小数点以下の値がある数字を格納する変数を用意したいときは double

を使えばいい。

今回は、データ型の中の、文字列型についてお話ししたいとおもいます。

ブール型についてはコチラ

カラー型についてはコチラ

MQL5で自動売買プログラム作るにあたっては、MT5メタエディター5がお使いのパソコンにインストールされている必要があります。

もし、まだMT5のダウンロードが完了していない方は、

こちらからデモ口座の開設とMT5のダウンロード・インストールを完了して頂ければと思います。

スポンサーリンク

文字列型とは?

文字列型とは、その名の通り「文字」を扱う変数を用意する時に用いるデータ型です。

整数型実数型「数」を扱う変数を用意する時に用いるデータ型でした。

でも、こうは考えませんでしたでしょうか?

「数だって文字の1種じゃないの?数と文字の違いってどうやって区別をつけるの?」

と。

コンピュータは基本的に0と1の組み合わせによって、データを認識しており、我々と同じ感覚で文字を認識することはできません。そのため

「この文字だったら、この数の組み合わせで表してください」

という割り当て表(Unicodeに基づいてデータを文字として処理しています。

文字列型というのは、そういう処理を行うために設けられている決まりの一つだと思ってください。

スポンサーリンク

文字列型の使い方

文字列型変数を用意するには

string

という単語を使います。

string 変数名;

↑のように

stringを書いた後、半角スペース一個分以上スペースをあけて、変数名を入力し、最後にセミコロンをつけます。

文法的規則はint や doubleと同じです。

//「varStr」という名前の文字列型変数を用意する
string varStr;

変数名は何でもいいんですが、「変数→variable」とstringの省略語を合わせて「varStr」としてみました。

続けてこの変数「varStr」に実際に文字列代入してみましょう。

代入変数にデータを入れる作業のことです。詳しくは↓をご覧ください。

void OnStart()
  {
//「varStr」という名前の文字列型変数を用意する
string varStr;

//「varStr」に文字列データを代入する。
varStr="文字列を代入します";
    
   Print(varStr);
  }
//+-----

↑のサンプルコードのように、文字列データを代入するときには、

文字列の両端をダブルクォーテーション(“)で挟む

ようにしてください。

この記述を行うことによって、コンピュータが正しく文字列データとして認識・処理をしてくれるようになります。

上記のサンプルコードの結果です。↓

文字列データをダブルクォーテーションで挟むことをせずに代入しようとした場合、コンパイルエラーが発生します

void OnStart()
  {
//「varStr」という名前の文字列型変数を用意する
string varStr;

//ダブルクォーテーションをつけないとコンパイルエラーになる。
varStr=文字列を代入します;
    
   Print(varStr);
  }
//+-----

実際にコンパイルするとこんな感じのエラーがでます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、文字列型について解説しました。

今回の記事では以下のことを学びました↓

最後までお読みいただきありがとうございました。<m(__)m>

      

【超入門】MQL5 EA講座 第12回「データ型その2 実数型」

         →【超入門】MQL5 EA講座 第14回「データ型その4 Boolean型」

—————————————————————

-<PR>-

※【おススメのMT5MQL5対応のFX業者】

MQL5を使って自作したEAシステムトレードに利用するには、取引プラットフォームとしてMT5を提供しているFX会社に口座を開設しなくてはいけません。

当サイトでは以下のFX会社での口座開設・EA運用をおススメしています。

おススメする理由の詳細につきましては、各FX会社について解説する記事を書いておりますので、下記のリンク記事を参考にしていただければと思います。


外為ファイネスト

EAの利用制限なし。スキャルピングもOK

外為ファイネストに関する記事は↓をご覧ください。

アヴァトレードジャパン

自動売買界最狭スプレッド水準

アヴァトレードジャパンに関する記事は↓をご覧ください。

関連用語リンク集

MQL5FX関連の用語リンク集です。
当サイトでは、元々わからない言葉や概念に出くわしたら、すぐその言葉に立ち戻れるよう、かなり細かく内部リンクを張り巡らせており、多様な用語を網羅しています。

興味のある内容に直接アクセスし、疑問の解決にお役立ていただければと思います。

スポンサーリンク
MQL5でEA作ろう講座
スポンサーリンク
シェアする
エムキューエルをフォローする
スポンサーリンク
【超入門】MQL5 でEAを作ろうブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました