【MQL5】ChartID関数について

MQL5リファレンス
スポンサーリンク

ChartID関数の働き・役割

ChartID関数は、現在アクティブなチャートの識別子(ID)を取得するために使用されます。チャートの識別子は、チャート上で行う操作や情報取得において、特定のチャートを指し示すために必要です。この関数は、複数のチャートを管理する際に役立ちます。

ChartID関数の引数について

long ChartID();

ChartID関数には引数がなく、呼び出すだけで現在のチャートの識別子を取得します。

この関数引数を必要とせず、呼び出されるとすぐに現在アクティブなチャートの識別子を返します。

ChartID関数の戻り値について

ChartID関数は、現在アクティブなチャートの識別子を示すlong型の値を返します。この識別子を使用して、他のチャート操作関数と組み合わせることができます。例えば、特定のチャートに対して操作を行う場合、この識別子を用いることで対象のチャートを明確に指定することが可能です。

ChartID関数を使う際の注意点

ChartID関数は、現在アクティブなチャートの識別子を取得します。そのため、複数のチャートが開かれている場合は、どのチャートがアクティブであるかを意識して使用する必要があります。また、取得した識別子を正しく管理し、誤った識別子で操作を行わないように注意が必要です。

ChartID関数を使ったサンプルコード

// OnStart関数はスクリプトの実行が開始されたときに自動的に呼び出されます
void OnStart() 
{
    // ChartID関数を使用して現在のチャートIDを取得します
    long currentChartID = ChartID();
    
    // 取得したチャートIDをエキスパートログに出力します
    Print("現在のチャートID: ", currentChartID);
}

以下は、ChartID関数を使用して現在のチャートIDを取得し、エキスパートログに出力する例です。

サンプルコードに使われた関数や文法要素の簡単な解説

OnStart関数

OnStart関数は、スクリプトが開始されたときに自動的に呼び出される関数です。スクリプトのエントリーポイントとして使用されます。

ChartID関数

ChartID関数は、現在アクティブなチャートの識別子を取得します。この識別子は、チャート操作において重要な役割を果たします。

Print関数

Print関数は、指定したメッセージをエキスパートログに出力します。デバッグや情報表示に使用されます。

long型

long型は、64ビット整数型を表します。チャートIDのような大きな数値を扱う場合に使用されます。

このように、ChartID関数を使用することで、現在アクティブなチャートの識別子を簡単に取得し、他のチャート操作に活用することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました