【MQL5】ChartSymbol関数について

MQL5リファレンス
スポンサーリンク

ChartSymbol関数の働き・役割

ChartSymbol関数は、指定されたチャートのシンボル(特定の文字や記号)を取得するために使用されます。この関数は、チャートに関連付けられている金融商品の名前を返します。これにより、異なるチャート上のシンボルをプログラム的に確認することができます。

ChartSymbol関数の引数について

ChartSymbol関数引数構成は以下の通りです。

string ChartSymbol(
   long chart_id  // チャートの識別子
);
  • chart_id: チャートの識別子です。0を指定すると現在アクティブなチャートを意味します。特定のチャートを指定する場合は、そのチャートの識別子を使用します。

ChartSymbol関数の戻り値について

ChartSymbol関数は、指定されたチャートのシンボルを文字列で返します。例えば、”EURUSD”や”GBPJPY”などの金融商品の名前を取得することができます。シンボルが取得できない場合は、空の文字列を返します。

ChartSymbol関数を使う際の注意点

ChartSymbol関数を使用する際には、以下の点に注意してください。

  • 有効なチャートIDを使用すること。無効なチャートIDを指定すると、空の文字列が返されます。
  • チャートIDが正しいか確認するために、事前にChartID関数を使用することが推奨されます。

ChartSymbol関数を使ったサンプルコード

以下は、ChartSymbol関数を使用して現在のチャートのシンボルを取得し、エキスパートログに出力するサンプルコードです。

// スクリプトが実行されたときに自動的に呼び出される関数
void OnStart() 
{
    // 現在アクティブなチャートのシンボルを取得する
    string currentSymbol = ChartSymbol(0);

    // 取得したシンボルをエキスパートログに出力する
    Print("現在のチャートのシンボル: ", currentSymbol);
}

サンプルコードに使われた関数や文法要素の簡単な解説

  • OnStart関数:
  • スクリプトが実行されたときに自動的に呼び出されます。この関数内で、必要な初期化や処理を行います。
  • ChartSymbol関数:
  • 指定されたチャートのシンボルを取得します。このサンプルでは、現在アクティブなチャート(IDが0)を指定しています。
  • Print関数:
  • メッセージをエキスパートログに出力します。このサンプルでは、取得したシンボルをログに表示しています。

このように、ChartSymbol関数を使用することで、チャートに関連付けられているシンボルを簡単に取得することができます。

タイトルとURLをコピーしました