【MQL5】StringToDouble関数について

MQL5リファレンス
スポンサーリンク

StringToDouble関数の働き・役割

StringToDouble関数は、文字列として表現された数値をdouble型の数値に変換するための関数です。この関数は、MQL5プログラミングにおいて、文字列データを数値として処理する際に有用です。

StringToDouble関数の引数について

StringToDouble関数は、以下の引数を取ります。

double StringToDouble(string value);

引数の説明

  • value: 数値を表現する文字列。この文字列は、変換対象となる数値を含みます

StringToDouble関数の戻り値について

StringToDouble関数は、double型の数値を返します。入力された文字列が有効な数値を表している場合、その数値がdouble型で返されます。無効な文字列が入力された場合は、結果が未定義になることがありますので注意が必要です。

StringToDouble関数を使う際の注意点

StringToDouble関数を使用する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 入力する文字列は、正確に数値を表現している必要があります。不正な形式の文字列を渡すと、予期しない結果になる可能性があります。
  • 変換後のdouble型数値が小数点以下の桁数を持つ場合、必要に応じてNormalizeDouble関数を使用することが推奨されます。

StringToDouble関数を使ったサンプルコード

以下は、StringToDouble関数を使用して文字列を数値に変換するサンプルコードです。

// スクリプトの開始関数
void OnStart() 
{
    // 変換対象の文字列を定義
    string str = "12345.54321";
    
    // 文字列をdouble型の数値に変換
    double converted = StringToDouble(str);
    
    // 結果をエキスパートログに出力
    PrintFormat("文字列 '%s' は実数 %.8f に変換されました", str, converted);
}

サンプルコードに使われた関数や文法要素の簡単な解説

OnStart関数は、スクリプトが実行されると自動的に呼び出される関数です。この関数内に変換処理を記述しています。

StringToDouble関数は、指定された文字列double型に変換する関数です。

PrintFormat関数は、フォーマット指定子を使用して文字列を整形し、エキスパートログに出力する関数です。ここでは、変換結果を確認するために使用しています。

フォーマット指定子 %.8fは、数値を小数点以下8桁まで表示することを意味します。PrintFormat関数内で使用され、変換された数値を指定された精度で表示します。

このように、StringToDouble関数を使用することで、文字列から数値への変換が可能です。正しい形式の文字列を渡すように注意し、必要に応じてNormalizeDouble関数を併用することで、精度の高い数値処理が実現できます。

タイトルとURLをコピーしました