【MQL5】StructToTime関数について

MQL5リファレンス
スポンサーリンク

StructToTime関数の働き・役割

【広告↓】

StructToTime関数は、MqlDateTime構造体の形式で保存された日時を、dateTime形式(1970年1月1日からの秒数)に変換する役割を持ちます。

これにより、日時に関連するデータをプログラム内で統一された形式に扱うことができます。

MqlDateTime構造体についての詳細は↓の記事をご参照ください

StructToTime関数の引数について

datetime  StructToTime(
  MqlDateTime&  dt_struct      // 日付と時刻の構造体
  );

StructToTime関数は、MqlDateTime構造体インスタンス引数として受け取ります。

MqlDateTime構造体には、年、月、日、時間、分、秒などの日時に関連する情報が格納されています。

インスタンスについての詳細は↓の記事をご参照ください

StructToTime関数の戻り値について

StructToTime関数が正常に処理された場合、dateTime形式の値を返します。この値は、1970年1月1日から経過した秒数(=UNIXタイム)を表しており、日時情報を数値で表現するための標準的な形式です。

UNIXタイムについての詳細は↓の記事をご参照ください

StructToTime関数を使う際の注意点

StructToTime関数を使って正確なデータ変換を行うためには、MqlDateTime構造体の全てのメンバが正しく設定されている必要があります。

不完全な情報が与えられた場合、不正確な変換結果を返す可能性があります。

StructToTime関数を使ったサンプルコード

以下のサンプルコードは、StructToTime関数を使って、MqlDateTime構造体の各メンバに格納されている値をdateTime型に変換して、Print関数にてその結果をログ出力したものです。

// 日時構造体のサンプルデータ
MqlDateTime myDateStruct;
myDateStruct.year = 2024;
myDateStruct.mon = 3;
myDateStruct.day = 17;
myDateStruct.hour = 12;
myDateStruct.min = 30;
myDateStruct.sec = 0;

// StructToTime関数で datetime 形式に変換
datetime myDateTime = StructToTime(myDateStruct);

// 変換された datetime 形式の日時を出力
Print("The datetime representation is: ", myDateTime);

<参照>


TimeToStruct関数/TimeToString関数/UNIXタイム/タイムスタンプ/構造体/MqlDateTime構造体

datetime型/iTime関数/StringToTime関数/ENUM_TIMEFRAMES/TimeCurrent関数/TimeLocal関数

※当サイトでは、プログラミング経験ゼロの方でも、プログラミングの基礎から学べる

<MQL5でEAを作ろう講座>

をメインコンテンツとして展開しています。

【言語基礎編】

【中級実際にEAを作ろう編】

【発展編・MT5用EAを作る工程をカスタマイズしていく】

第0回から、順を追って勉強していけばプログラミングの経験がなくてもMQL5を使って、MT5用のEAが作れるように書いています。最初は難しいと感じるかもしれませんが、繰り返し勉強していく事で自然とスキルが身についていくはずです。興味ある方は是非ご覧ください。

【広告↓】

タイトルとURLをコピーしました