スポンサーリンク
ホーム » 専門用語 » 【FX用語の基礎】スワップとは?
a

【FX用語の基礎】スワップとは?

スポンサーリンク
専門用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スワップとは?

スワップとは、異なる国の通貨ペアを取引する際に発生する、2国間の金利差に基づく利息のようなものです。例えば、金利が高い国の通貨を買い、金利が低い国の通貨を売ると、トレーダーは金利差に相当する金額を受け取ることがあります。逆に、金利が低い国の通貨を買い、金利が高い国の通貨を売ると、その金利差に相当する金額を支払う必要があります。これをスワップと呼びます。

スワップ(swap)という語は英語で「交換する」という意味です。スワップ金利という名称は、異なる国の通貨を「交換」することに関連しています。

スポンサーリンク

トリプルスワップとは?

トリプルスワップとは、FX取引で一般的に週の特定の日に適用される3日分のスワップ料金のことです。相場が閉じている週末の金利分をカバーするために使用されます。

多くの場合、この料金は水曜日の終わりに適用されます。

つまり、例えばトリプルスワップの付与日が水曜日であった場合、水曜日にポジションを保持していれば、その日のスワップ料金に加えて、土曜日と日曜日の分も含めた合計3日分のスワップが口座に適用されます。

スポンサーリンク

スワップは自分が支払う場合もある

ただし、トレーダーがスワップ金利分を受け取るか、支払うかは保持している通貨ペア・及びポジションの種類によって異なります。

例えば、金利が5%の国Aの通貨を買い、金利が1%の国Bの通貨を売る場合、トレーダーは年間4%の金利差を受け取ることになり、これを日割り計算すると、トレーダーは毎日の金利差の利益を得ます。しかし、この状況が逆で国Bの通貨を買い国Aを売る場合、トレーダーはその金利差を支払う必要があります。

まとめると、買いポジションで高金利通貨を持っている場合(=ポジティブスワップ)の場合、トレーダーは金利差により利息を受け取る事ができます。

一方で、売りポジションで高金利通貨を持っている場合(=ネガティブスワップ)の場合、トレーダーは利息を支払う必要があります。

スポンサーリンク

スワップポイントに影響を与える要因

スワップポイントは、単に2国間の金利差によって決まるわけではありません。それに影響を与える要因は多岐にわたり、それぞれがスワップポイントの値に微細ながら重要な影響を与えることがあります。主な影響要因を以下に紹介します。

中央銀行の金融政策

中央銀行の金融政策は、金利レベルを直接決定するため、スワップにも大きな影響を与える要因の一つです。

金利を引き上げる決定や、金融緩和政策のような動きは、通貨の価値とスワップポイントに直接的な影響を及ぼします。

経済指標とニュースイベント:

雇用統計、GDP、インフレ率などの経済指標や、政治的な発表や突発的なニュースイベントも、短期的な金利見通しや通貨の期待値を変動させ、スワップポイントに反映されます。

マーケットの流動性

通貨ペアの流動性が高いほど、スワップコストは通常低くなります。

逆に、流動性が低い通貨ペアはスワップコストが高くなりがちです。これは、流動性が低いということは、その通貨ペアに投資しているトレーダーが少ないため、その通貨を売買するためのコストが高くなるからです。

市場のリスク感応度

市場がリスク回避のムードになると、安全通貨と見なされる通貨のスワップポイントは低下する傾向があります。一方でリスクを取る意欲が高まると、リスク通貨のスワップポイントが上昇することが多いです。

これらの要因を踏まえ、トレーダーはスワップポイントがどのように変動するかを予想し、それを自身のトレーディング戦略に組み込むことが重要です。

専門用語
スポンサーリンク
シェアする
エムキューエルをフォローする
スポンサーリンク
【超入門】MQL5 でEAを作ろうブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました