スポンサーリンク
ホーム » MQL5リファレンス » 【MQL5】SymbolInfoInteger関数について
a

【MQL5】SymbolInfoInteger関数について

スポンサーリンク
MQL5リファレンス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. SymbolInfoInteger関数の働き・役割について
  2. SymbolInfoInteger関数の引数について
    1. SymbolInfoInteger関数の第1書式について
      1. 第1書式における各引数の説明
      2. SymbolInfoInteger関数第1書式の戻り値について
      3. SymbolInfoInteger関数第1書式使用例
    2. SymbolInfoInteger関数の第2書式について
      1. 第2書式における各引数の説明
      2. SymbolInfoInteger関数第2書式の戻り値について
      3. SymbolInfoInteger関数第2書式使用例
  3. SymbolInfoInteger関数の第2引数に指定するENUM_SYMBOL_INFO_INTEGERについて
    1. SYMBOL_SECTOR
      1. ENUM_SYMBOL_SECTORについて
    2. SYMBOL_INDUSTRY
      1. ENUM_SYMBOL_INDUSTRYについて
    3. SYMBOL_CUSTOM
    4. SYMBOL_BACKGROUND_COLOR
    5. SYMBOL_CHART_MODE
      1. ENUM_SYMBOL_CHART_MODEについて
    6. SYMBOL_EXIST
    7. SYMBOL_SELECT
    8. SYMBOL_VISIBLE
    9. SYMBOL_SESSION_DEALS
      1. 取引セッションとは?
    10. SYMBOL_SESSION_BUY_ORDERS
    11. SYMBOL_SESSION_SELL_ORDERS
    12. SYMBOL_VOLUME
    13. SYMBOL_VOLUMEHIGH
    14. SYMBOL_VOLUMELOW
    15. SYMBOL_TIME
    16. SYMBOL_TIME_MSC
    17. SYMBOL_DIGITS
    18. SYMBOL_SPREAD_FLOAT
    19. SYMBOL_SPREAD
    20. SYMBOL_TRADE_CALC_MODE
      1. ENUM_SYMBOL_CALC_MODEについて
    21. SYMBOL_TRADE_EXEMODE
      1. ENUM_SYMBOL_TRADE_EXECUTIONについて
        1. SYMBOL_TRADE_EXECUTION_REQUEST
        2. SYMBOL_TRADE_EXECUTION_INSTANT
        3. SYMBOL_TRADE_EXECUTION_MARKET
        4. SYMBOL_TRADE_EXECUTION_EXCHANGE
    22. SYMBOL_START_TIME
    23. SYMBOL_EXPIRATION_TIME
    24. SYMBOL_TRADE_STOPS_LEVEL
    25. SYMBOL_TRADE_FREEZE_LEVEL
    26. SYMBOL_SWAP_MODE
      1. ENUM_SYMBOL_SWAP_MODE
    27. SYMBOL_SWAP_ROLLOVER3DAYS
      1. ENUM_DAY_OF_WEEK
    28. SYMBOL_MARGIN_HEDGED_USE_LEG
    29. SYMBOL_EXPIRATION_MODE
    30. SYMBOL_TICKS_BOOKDEPTH
    31. SYMBOL_FILLING_MODE
    32. SYMBOL_TRADE_MODE
    33. SYMBOL_ORDER_MODE
    34. SYMBOL_ORDER_GTC_MODE
    35. SYMBOL_OPTION_MODE
    36. SYMBOL_OPTION_RIGHT

SymbolInfoInteger関数の働き・役割について

SymbolInfoInteger関数の主な目的は、特定の通貨ペアや金融商品に関する数値情報(整数値情報)を取得することです。

例えば、最小取引量や価格の桁数など、トレードに必要な基本情報を提供します。

SymbolInfoInteger関数を使って取得できる情報は、あくまで市場におけるシンボル情報であり、自分の保有しているポジションのシンボル情報ではない事に注意しましょう。

トレーダーが自分の保有しているポジションの詳細な情報を取得したい場合、MQL5ではPositionSelect関数PositionGetInteger関数, PositionGetDouble関数, PositionGetString関数などの関数を使います。

指定銘柄・通貨ペアの小数点付き数値に関するデータを取得するSymbolInfoDouble関数についての詳細は↓の記事をご参照ください

スポンサーリンク

SymbolInfoInteger関数の引数について

SymbolInfoInteger関数は複数の書式があるオーバーロード関数です。

SymbolInfoInteger関数には2つの書式があります。

関数オーバーロードに関しては↓の記事をご参照ください

SymbolInfoInteger関数の第1書式について

SymbolInfoInteger関数第1書式の引数構成は以下の通りです

long  SymbolInfoInteger(
  string                    name,      // シンボル
  ENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER prop_id    // プロパティの識別子
 
  );

第1書式における各引数の説明

name: 第1引数は、情報を取得したい金融商品の名前(シンボル名)を指定する文字列型引数です。これにより、EURUSDやGOLDなど、取引プラットフォーム上で取り扱われている任意のシンボルの情報を指定して取得することが可能です。

prop_id: これは、取得したいシンボルの具体的な数値情報プロパティを指定するための識別子です。この識別子ENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER型であり、例えばシンボルの最小取引量、価格の桁数、取引が許可されているかどうかなど、シンボルに関連する様々な情報を指定できます。

SymbolInfoInteger関数第1書式の戻り値について

第1書式のSymbolInfoInteger関数は、ENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER型で要求されたプロパティ値をlong型の数値で直接返します。

プロパティが存在し、取得できる場合はその値が返されます。存在しないプロパティを要求した場合や、何らかの理由で情報が取得できなかった場合は通常-1が返されます。

SymbolInfoInteger関数第1書式使用例

long minLotSize = SymbolInfoInteger("EURUSD", SYMBOL_VOLUME_MIN);
Print("EURUSDの最小取引量: ", minLotSize);

SymbolInfoInteger関数の第2書式について

SymbolInfoInteger関数第2書式の引数構成は以下の通りです

long  SymbolInfoInteger(
  string                    name,      // シンボル
  ENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER prop_id    // プロパティの識別子
 
  );

SymbolInfoInteger関数の第2書式は、指定された金融商品(シンボル)のプロパティ値を取得し、その値を引数として渡された変数に直接格納する形式のオーバーロード関数です。

このバージョンは、関数の実行結果としてbool値を返し、成功したかどうかを示します。ここでの成功は、関数が指定されたプロパティ値を正確に取得し、指定された変数にその値を格納できた場合を指します。

第2書式における各引数の説明

name: 第1引数は、情報を取得したい金融商品の名前(シンボル名)を指定する文字列型引数です。

例えば、”EURUSD”や”GOLD”など、取引プラットフォーム上で取り扱われている任意のシンボルが指定できます。

文字列型については↓の記事をご参照ください

prop_id: 第2引数は、取得したいシンボルの具体的なプロパティを指定するための識別子です。

この識別子ENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER型で定義されており、例えば最小取引量や価格の桁数など、シンボルに関連する様々な数値情報を取得することができます。

ENUM_SYMBOL_INFO_INTEGERについては後程解説します。

long_var: 第3引数は、取得したプロパティ値を格納するための変数参照渡しで指定します。

参照渡しについての詳細は↓の記事をご参照ください

関数処理が成功すれば、この変数には指定されたプロパティの値が格納されます。

SymbolInfoInteger関数第2書式の戻り値について

操作が成功した場合にtrueを、失敗した場合にfalseを返します。成功の場合、long_varに指定したプロパティの値が格納されます。

SymbolInfoInteger関数第2書式使用例

long spread;
if(SymbolInfoInteger("EURUSD", SYMBOL_SPREAD, spread))
{
  Print("現在のスプレッドは ", spread, " pipsです。");
}
else
{
  Print("スプレッドの取得に失敗しました。");
}

スポンサーリンク

SymbolInfoInteger関数の第2引数に指定するENUM_SYMBOL_INFO_INTEGERについて

SymbolInfoInteger関数においては、第1書式、第2書式いずれの書式でも第2引数に、データ型ENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER識別子を記述して情報を取得します。

ENUM_SYMBOL_INFO_INTEGER識別子は以下の通りです。

SYMBOL_SECTOR

SYMBOL_SECTORを使用してSymbolInfoInteger関数を呼び出すことにより、指定されたシンボル(例えば、株式や先物など)が属するセクターの情報を整数値で取得できます。

戻り値として取得できるデータ型ENUM_SYMBOL_SECTORです。

ENUM_SYMBOL_SECTORについて

ENUM_SYMBOL_SECTOR識別子は以下の通りです

SECTOR_UNDEFINED未定義
SECTOR_BASIC_MATERIALS基本材料
SECTOR_COMMUNICATION_SERVICES通信サービス
SECTOR_CONSUMER_CYCLICAL消費者向けサイクル
SECTOR_CONSUMER_DEFENSIVE消費者防御
SECTOR_CURRENCY通貨
SECTOR_CURRENCY_CRYPTO暗号通貨
SECTOR_ENERGYエネルギー
SECTOR_FINANCIALファイナンス
SECTOR_HEALTHCAREヘルスケア
SECTOR_INDUSTRIALS産業
SECTOR_REAL_ESTATE不動産
SECTOR_TECHNOLOGY技術
SECTOR_UTILITIESユーティリティ

SYMBOL_INDUSTRY

SYMBOL_INDUSTRYは特定の金融商品が属する産業部門の情報を取得するために使用されます。この識別子を利用して、トレーダーや開発者は金融商品がどの産業セクターに分類されるかを理解することができ、市場分析や投資戦略の策定に役立てることが可能です。

データ型ENUM_SYMBOL_INDUSTRYです

ENUM_SYMBOL_INDUSTRYについて

ENUM_SYMBOL_INDUSTRY識別子一覧は以下の通りです

ID説明
INDUSTRY_UNDEFINED未定義
基本材料
INDUSTRY_AGRICULTURAL_INPUTS農業投入
INDUSTRY_ALUMINIUMアルミ
INDUSTRY_BUILDING_MATERIALS建材
INDUSTRY_CHEMICALS化学薬品
INDUSTRY_COKING_COAL原料炭
INDUSTRY_COPPER
INDUSTRY_GOLD
INDUSTRY_LUMBER_WOOD木材と木材生産
INDUSTRY_INDUSTRIAL_METALSその他の産業用金属および鉱業
INDUSTRY_PRECIOUS_METALSその他の貴金属と鉱業
INDUSTRY_PAPER紙と紙製品
INDUSTRY_SILVER
INDUSTRY_SPECIALTY_CHEMICALS特殊化学品
INDUSTRY_STEEL
通信サービス
INDUSTRY_ADVERTISING広告代理店
INDUSTRY_BROADCASTING放送
INDUSTRY_GAMING_MULTIMEDIA電子ゲームとマルチメディア
INDUSTRY_ENTERTAINMENTエンターテインメント
INDUSTRY_INTERNET_CONTENTインターネットコンテンツと情報
INDUSTRY_PUBLISHING出版
INDUSTRY_TELECOM電気通信サービス
消費者向けサイクル
INDUSTRY_APPAREL_MANUFACTURINGアパレル製造
INDUSTRY_APPAREL_RETAILアパレル小売
INDUSTRY_AUTO_MANUFACTURERS自動車メーカー
INDUSTRY_AUTO_PARTS自動車部品
INDUSTRY_AUTO_DEALERSHIP自動車およびトラック販売店
INDUSTRY_DEPARTMENT_STORESデパート
INDUSTRY_FOOTWEAR_ACCESSORIES履物とアクセサリー
INDUSTRY_FURNISHINGS家具、備品、電化製品
INDUSTRY_GAMBLINGギャンブル
INDUSTRY_HOME_IMPROV_RETAILホームセンター小売
INDUSTRY_INTERNET_RETAILインターネット小売
INDUSTRY_LEISURE余暇
INDUSTRY_LODGING宿泊
INDUSTRY_LUXURY_GOODS高級品
INDUSTRY_PACKAGING_CONTAINERS包装とコンテナ
INDUSTRY_PERSONAL_SERVICESパーソナルサービス
INDUSTRY_RECREATIONAL_VEHICLESRecreational vehicles
INDUSTRY_RESIDENT_CONSTRUCTION住宅建設
INDUSTRY_RESORTS_CASINOSリゾートとカジノ
INDUSTRY_RESTAURANTSレストラン
INDUSTRY_SPECIALTY_RETAIL専門小売
INDUSTRY_TEXTILE_MANUFACTURING繊維製造
INDUSTRY_TRAVEL_SERVICES旅行サービス
消費者防御
INDUSTRY_BEVERAGES_BREWERS飲料-ビール
INDUSTRY_BEVERAGES_NON_ALCO飲料-ノンアルコール
INDUSTRY_BEVERAGES_WINERIES飲料-ワイナリー&蒸留所
INDUSTRY_CONFECTIONERS菓子類
INDUSTRY_DISCOUNT_STORESディスカウントストア
INDUSTRY_EDUCATION_TRAINIG教育およびトレーニングサービス
INDUSTRY_FARM_PRODUCTS農産物
INDUSTRY_FOOD_DISTRIBUTION食品流通
INDUSTRY_GROCERY_STORES食料品店
INDUSTRY_HOUSEHOLD_PRODUCTS家庭用品および個人用品
INDUSTRY_PACKAGED_FOODS包装食品
INDUSTRY_TOBACCOタバコ
エネルギー
INDUSTRY_OIL_GAS_DRILLING石油/ガス掘削
INDUSTRY_OIL_GAS_EP石油/ガス抽出および処理
INDUSTRY_OIL_GAS_EQUIPMENT石油/ガス機器およびサービス
INDUSTRY_OIL_GAS_INTEGRATED石油/ガス統合
INDUSTRY_OIL_GAS_MIDSTREAM石油/ガス中流
INDUSTRY_OIL_GAS_REFINING石油/ガス精製/マーケティング
INDUSTRY_THERMAL_COAL火力炭
INDUSTRY_URANIUMウラン
ファイナンス
INDUSTRY_EXCHANGE_TRADED_FUND取引所上場ファンド
INDUSTRY_ASSETS_MANAGEMENT資産管理
INDUSTRY_BANKS_DIVERSIFIED銀行-多様化
INDUSTRY_BANKS_REGIONAL銀行-地域
INDUSTRY_CAPITAL_MARKETS資本市場
INDUSTRY_CLOSE_END_FUND_DEBTクローズドエンド型ファンド-負債
INDUSTRY_CLOSE_END_FUND_EQUITYクローズドエンド型ファンド-株式
INDUSTRY_CLOSE_END_FUND_FOREIGNクローズドエンド型ファンド-外国
INDUSTRY_CREDIT_SERVICES信用サービス
INDUSTRY_FINANCIAL_CONGLOMERATE金融コングロマリット
INDUSTRY_FINANCIAL_DATA_EXCHANGE財務データと証券取引所
INDUSTRY_INSURANCE_BROKERS保険ブローカー
INDUSTRY_INSURANCE_DIVERSIFIED保険-多様化
INDUSTRY_INSURANCE_LIFE保険-生命
INDUSTRY_INSURANCE_PROPERTY保険-損害保険
INDUSTRY_INSURANCE_REINSURANCE保険-再保険
INDUSTRY_INSURANCE_SPECIALTY保険-専門
INDUSTRY_MORTGAGE_FINANCE住宅ローンファイナンス
INDUSTRY_SHELL_COMPANIESシェル会社
ヘルスケア
INDUSTRY_BIOTECHNOLOGYバイオテクノロジー
INDUSTRY_DIAGNOSTICS_RESEARCH診断と研究
INDUSTRY_DRUGS_MANUFACTURERS医薬品メーカー-一般
INDUSTRY_DRUGS_MANUFACTURERS_SPEC医薬品メーカー-専門&ジェネリック
INDUSTRY_HEALTHCARE_PLANS医療計画
INDUSTRY_HEALTH_INFORMATION健康情報サービス
INDUSTRY_MEDICAL_FACILITIES医療施設
INDUSTRY_MEDICAL_DEVICES医療機器
INDUSTRY_MEDICAL_DISTRIBUTION医療流通
INDUSTRY_MEDICAL_INSTRUMENTS医療機器および消耗品
INDUSTRY_PHARM_RETAILERS製薬小売業者
産業
INDUSTRY_AEROSPACE_DEFENSE航空宇宙および防衛Aerospace and defense
INDUSTRY_AIRLINES航空会社
INDUSTRY_AIRPORTS_SERVICES空港および航空サービス
INDUSTRY_BUILDING_PRODUCTS建材・設備
INDUSTRY_BUSINESS_EQUIPMENT事務機器および消耗品
INDUSTRY_CONGLOMERATESコングロマリット
INDUSTRY_CONSULTING_SERVICESコンサルティングサービス
INDUSTRY_ELECTRICAL_EQUIPMENT電気機器および部品
INDUSTRY_ENGINEERING_CONSTRUCTIONエンジニアリング&建設
INDUSTRY_FARM_HEAVY_MACHINERY農機および重建設機械
INDUSTRY_INDUSTRIAL_DISTRIBUTION産業流通
INDUSTRY_INFRASTRUCTURE_OPERATIONSインフラストラクチャオペレーション
INDUSTRY_FREIGHT_LOGISTICS統合された貨物およびロジスティクス
INDUSTRY_MARINE_SHIPPING海運
INDUSTRY_METAL_FABRICATION金属加工
INDUSTRY_POLLUTION_CONTROL汚染と処理の管理
INDUSTRY_RAILROADS鉄道
INDUSTRY_RENTAL_LEASINGレンタル&リースサービス
INDUSTRY_SECURITY_PROTECTIONセキュリティと保護サービス
INDUSTRY_SPEALITY_BUSINESS_SERVICES専門業務サービス
INDUSTRY_SPEALITY_MACHINERY特殊産業機械
INDUSTRY_STUFFING_EMPLOYMENTスタッフィングおよび雇用サービス
INDUSTRY_TOOLS_ACCESSORIESツールとアクセサリー
INDUSTRY_TRUCKINGトラック輸送
INDUSTRY_WASTE_MANAGEMENT廃棄物管理
不動産
INDUSTRY_REAL_ESTATE_DEVELOPMENT不動産-開発
INDUSTRY_REAL_ESTATE_DIVERSIFIED不動産-多様化
INDUSTRY_REAL_ESTATE_SERVICES不動産サービス
INDUSTRY_REIT_DIVERSIFIEDREIT – 多様化
INDUSTRY_REIT_HEALTCAREREIT – ヘルスケア施設
INDUSTRY_REIT_HOTEL_MOTELREIT – ホテル/宿泊施設
INDUSTRY_REIT_INDUSTRIALREIT – 産業
INDUSTRY_REIT_MORTAGEREIT – 住宅ローン
INDUSTRY_REIT_OFFICEREIT – オフィス
INDUSTRY_REIT_RESIDENTALREIT – 住宅
INDUSTRY_REIT_RETAILREIT – 小売り
INDUSTRY_REIT_SPECIALITYREIT – 専門
技術
INDUSTRY_COMMUNICATION_EQUIPMENT通信機器
INDUSTRY_COMPUTER_HARDWAREコンピューターハードウェア
INDUSTRY_CONSUMER_ELECTRONICS家電
INDUSTRY_ELECTRONIC_COMPONENTS電子部品
INDUSTRY_ELECTRONIC_DISTRIBUTIONエレクトロニクスとコンピュータの配布
INDUSTRY_IT_SERVICES情報技術サービス
INDUSTRY_SCIENTIFIC_INSTRUMENTS科学および技術機器
INDUSTRY_SEMICONDUCTOR_EQUIPMENT半導体装置および材料
INDUSTRY_SEMICONDUCTORS半導体
INDUSTRY_SOFTWARE_APPLICATIONソフトウェア – アプリケーション
INDUSTRY_SOFTWARE_INFRASTRUCTUREソフトウェア – インフラストラクチャ
INDUSTRY_SOLARソーラー
ユーティリティ
INDUSTRY_UTILITIES_DIVERSIFIEDユーティリティ – 多様化
INDUSTRY_UTILITIES_POWERPRODUCERSユーティリティ – 独立した電力生産者
INDUSTRY_UTILITIES_RENEWABLEユーティリティ-再生可能
INDUSTRY_UTILITIES_REGULATED_ELECTRICユーティリティ- 規制電気
INDUSTRY_UTILITIES_REGULATED_GASユーティリティ- 規制ガス
INDUSTRY_UTILITIES_REGULATED_WATERユーティリティ – 規制水
INDUSTRY_UTILITIES_FIRSTユーティリティサービスタイプの列挙の開始。INDUSTRY_UTILITIES_DIVERSIFIEDに対応します。
INDUSTRY_UTILITIES_LASTユーティリティサービスタイプの列挙の終了。INDUSTRY_UTILITIES_REGULATED_WATERに対応します。

SYMBOL_CUSTOM

SYMBOL_CUSTOMは金融商品がカスタムシンボルかどうかを判断するために使用されます。カスタムシンボルとは、トレーディングプラットフォームにデフォルトで提供されていないが、ユーザーが特定の目的で作成したシンボルのことです。この識別子を使用することで、標準的な金融商品とカスタム金融商品をプログラム的に区別します。

※詳細は、MQL5の公式ドキュメントを参照してください。

戻り値データ型bool型です。

SYMBOL_BACKGROUND_COLOR

SYMBOL_BACKGROUND_COLORMT5の「気配値表示」のシンボルに使用されている背景色情報を取得します。

MetaTrader 5 (MT5)の気配値表示ウィンドウは、リアルタイムで市場の気配値を提供する機能です。

この気配値表示ウィンドでは、選択した金融商品の売りと買いの現在価格(ビッドとアスク)、さらには価格の変動幅も見ることができます。ユーザーはこの情報を利用して、市場の流動性や価格の動向を把握し、トレード戦略を立てる際の重要な指標として活用することが可能です。MT5では、このウィンドウをカスタマイズして、特定のシンボルや情報のみを表示させることもできます。

戻り値データ型color型です。

color型についての詳細は↓の記事をご参照ください

SYMBOL_CHART_MODE

SYMBOL_CHART_MODEはシンボルバーを生成するために使用される価格の種類を返します。価格の種類はBid価格、つまり買いたい人たちが提示する価格に基づいて表示されているか、Last価格、つまり最後に成立した取引価格に基づいて表示されているの2種類となり、

データ型としてENUM_SYMBOL_CHART_MODEが定義されています。

ENUM_SYMBOL_CHART_MODEについて

ENUM_SYMBOL_CHART_MODEには以下の2つの列挙体があります。

  1. SYMBOL_CHART_MODE_BID – これは、チャートがBid価格、つまり買いたい人たちが提示する価格に基づいて表示されていることを意味します。
  2. SYMBOL_CHART_MODE_LAST – これは、チャートがLast価格、つまり最後に成立した取引価格に基づいて表示されていることを意味します。

SYMBOL_EXIST

SYMBOL_EXISTは第1引数で指定した銘柄が存在するかどうか?の情報を取得します。

データ型bool型です。

SYMBOL_SELECT

SYMBOL_SELECTは第1引数で指定した銘柄が「気配値表示」で選択されているかの情報を取得します。

データ型bool型です。

SYMBOL_VISIBLE

SYMBOL_VISIBLEは特定のシンボルがMT5の気配値表示ウィンドウで見えるかどうかを示します。一部のシンボル(主に、証拠金の計算や預金通貨の利益の計算に必要なクロスレート)は自動的に選択されますが、それ以外の見えていないシンボルを表示させたい場合は、ユーザーがMT5の手動操作を行い、それらを選択する必要があります。

データ型bool型です。

クロスレートに関しては↓の記事をご参照ください

SYMBOL_SESSION_DEALS

SYMBOL_SESSION_DEALSは特定の市場シンボルに関する現在の取引セッションで行われた取引の数(約定数)を取得するために使用されます。

データ型long型です。

取引セッションとは?

※この文脈でいう「現在の取引セッション」とは、金融市場が開いている特定の時間帯を指します。

市場は24時間連続して開いていますが、取引量や活動は一日の中で異なる時間帯によって変動します。たとえば、東京市場の取引時間、ロンドン市場の取引時間、ニューヨーク市場の取引時間といった具合です。それぞれの市場が開いている時間を取引セッションと呼びます。

SYMBOL_SESSION_BUY_ORDERS

SYMBOL_SESSION_BUY_ORDERS取引セッション中に入れられた買いの注文の総数を返します。

データ型long型です。

SYMBOL_SESSION_SELL_ORDERS

SYMBOL_SESSION_SELL_ORDERS取引セッション中に入れられた売りの注文の総数を表します。

データ型long型です。

SYMBOL_VOLUME

SYMBOL_VOLUMEは最後に成立した取引のボリューム、つまり取引量を意味します。

データ型long型です。

SYMBOL_VOLUMEHIGH

SYMBOL_VOLUMEHIGHは一日の最大取引ボリューム。この日の取引で、最大の取引量を示します。

データ型long型です。

SYMBOL_VOLUMELOW

SYMBOL_VOLUMELOWは一日の最小取引ボリューム。この日の取引で、最小の取引量を示します。

データ型long型です。

SYMBOL_TIME

SYMBOL_TIMEは最後に成立した取引が行われた正確な時刻を返します

データ型datetime型です。

SYMBOL_TIME_MSC

SYMBOL_TIME_MSCは最後の取引の時間(ミリ秒単位)を表します。1970年1月1日からの経過時間をミリ秒単位で返します

データ型long型です。

※ミリ秒は、1秒の1000分の1に相当する時間の単位です。

1ミリ秒は、0.001秒と表されます。コンピュータの処理速度やスポーツのタイム測定など、極めて短い時間を測る場合に使われます。

SYMBOL_DIGITS

SYMBOL_DIGITSは、該当通貨ペアの価格表示における小数点以下の桁数を返します。

データ型long型です。

SYMBOL_SPREAD_FLOAT

SYMBOL_SPREAD_FLOATは、該当通貨ペアのスプレッドが固定ではなく市場状況によって変動するかどうかをbool型(trueかfalse)で示します。変動スプレッドだった場合はtrue、固定スプレッドだった場合はfalseを返します。

当然データ型bool型です

SYMBOL_SPREAD

SYMBOL_SPREADはポイント単位でのスプレッド値を返します。

ポイントというのは通貨ペアにおける、値動きの一番小さい値のことです。ドル円などの対円通貨ペアであれば「0.001」、ユーロドル等の対円以外の通貨ペアでは「0.00001」が返ってきます。

つまり、「3」とか「4」といった整数値で値が取得されます。シンボルがドル円だった場合、で戻り値が例えば「3」だった場合、実質的なスプレッドは「0.003」という事になります。

データ型long型です。

SYMBOL_TRADE_CALC_MODE

SYMBOL_TRADE_CALC_MODEは該当するシンボルの証拠金計算方式を定義します。

戻り値データ型ENUM_SYMBOL_CALC_MODEです

ENUM_SYMBOL_CALC_MODEについて

ENUM_SYMBOL_CALC_MODEの各識別子は以下の通りです

識別子説明方式
SYMBOL_CALC_MODE_FOREX外為モード – 外国為替の利益と証拠金の計算。Margin:  Lots * Contract_Size / Leverage * Margin_Rate 利益:(close_price – open_price) * Contract_Size*Lots
SYMBOL_CALC_MODE_FOREX_NO_LEVERAGEレバレッジなし外為モード – レバレッジを考慮しない外国為替銘柄の利益と証拠金の計算証拠金:Lots * Contract_Size * Margin_Rate 利益: (close_price – open_price) * Contract_Size * Lots
SYMBOL_CALC_MODE_FUTURES先物モード – 先物の証拠金と利益の計算。証拠金:Lots * InitialMargin * Margin_Rate 利益:  (close_price – open_price) * TickPrice / TickSize*Lots
SYMBOL_CALC_MODE_CFDCFD モード – CFD の証拠金と利益計算。証拠金:Lots * ContractSize * MarketPrice * Margin_Rate 利益:  (close_price – open_price) * Contract_Size * Lots
SYMBOL_CALC_MODE_CFDINDEXCFD インデックスモード – インデックスを使用した CFD の証拠金と利益計算証拠金: (Lots * ContractSize * MarketPrice) * TickPrice / TickSize * Margin_Rate 利益:  (close_price – open_price) * Contract_Size * Lots
SYMBOL_CALC_MODE_CFDLEVERAGECFD レバレッジモード – レバレッジ取引での CFD の証拠金と利益計算証拠金: (Lots * ContractSize * MarketPrice) / Leverage * Margin_Rate 利益: (close_price-open_price) * Contract_Size * Lots
SYMBOL_CALC_MODE_EXCH_STOCKS交換モード – 証券取引所で有価証券を取引するための証拠金と利益計算。証拠金:Lots * ContractSize * OpenPrice * Margin_Rate 利益:  (close_price – open_price) * Contract_Size * Lots
SYMBOL_CALC_MODE_EXCH_FUTURES先物モード –  証券取引所での取引先物契約の証拠金と利益計算。証拠金: Lots * InitialMargin * Margin_Rate или Lots * MaintenanceMargin * Margin_Rate 利益: (close_price – open_price) * Lots * TickPrice / TickSize
SYMBOL_CALC_MODE_EXCH_FUTURES_FORTSFORTS 先物モード –  FORTS での取引先物契約の証拠金と利益計算。証拠金は、次の規則に従って MarginDiscount のずれ量によって減少させることが出来ます。1. ロングポジション(買い注文)の価格が見積価格よりも低い場合、証拠金割引 = ロット数 * ((Settle価格 – Order価格) * ティック価格 / ティックサイズ)2. ショートポジション(売り注文)の価格が予定価格を超えた場合、証拠金割引 = ロット数 * ((Order価格 – Settle価格) * ティック価格 / ティックサイズ)ここでSettle 価格 – 前のセッションの推定(クリア)価格Order 価格 – 加重平均位置の価格や注文(リクエスト)に設定された始値。ティック価格 – ティック値(一ポイントの価格変動によるコスト)ティックサイズ – ティックサイズ(最低価格変更ステップ)証拠金: Lots * InitialMargin * Margin_Rate или Lots * MaintenanceMargin * Margin_Rate * Margin_Rate 利益: (close_price – open_price) * Lots * TickPrice / TickSize
SYMBOL_CALC_MODE_EXCH_BONDSExchange Bonds mode – calculation of margin and profit for trading bonds on a stock exchangeMargin: Lots * ContractSize * FaceValue * open_price * /100 Profit:  Lots * close_price * FaceValue * Contract_Size  + AccruedInterest * Lots * ContractSize
SYMBOL_CALC_MODE_EXCH_STOCKS_MOEXExchange MOEX Stocks mode – calculation of margin and profit for trading securities on MOEXMargin: Lots * ContractSize * LastPrice * Margin_Rate Profit:  (close_price – open_price) * Contract_Size * Lots
SYMBOL_CALC_MODE_EXCH_BONDS_MOEXExchange MOEX Bonds mode – calculation of margin and profit for trading bonds on MOEXMargin: Lots * ContractSize * FaceValue * open_price * /100 Profit:  Lots * close_price * FaceValue * Contract_Size  + AccruedInterest * Lots * ContractSize
SYMBOL_CALC_MODE_SERV_COLLATERAL担保モード – シンボルは、取引口座の取引不可能の資産として使用されています。ポジションの市場価値は、ボリューム、現在の市場価格、契約の大きさと流動性比率に基づいて算出されます。値は、株式に追加された資産の中に含まれます。この様なシンボルのポジションは余剰証拠金を増加し、ポジションの追加証拠金(担保)として使用されます。証拠金:なし利益:なし 市場価格ロット数 * 契約サイズ * マーケット価格 * LiqudityRate

SYMBOL_TRADE_EXEMODE

SYMBOL_TRADE_EXEMODE成行注文の執行方式情報を取得します。

戻り値データ型ENUM_SYMBOL_TRADE_EXECUTIONです

成行注文の執行方式についての詳細は↓の記事をご参照ください

ENUM_SYMBOL_TRADE_EXECUTIONについて

ENUM_SYMBOL_TRADE_EXECUTION成行注文の執行方式情報を定めた識別子の一覧です。

ENUM_SYMBOL_TRADE_EXECUTION識別子は以下の通りです。

SYMBOL_TRADE_EXECUTION_REQUEST

SYMBOL_TRADE_EXECUTION_REQUEST成行注文の執行方式がRequest執行方式であることを示しています。

SYMBOL_TRADE_EXECUTION_INSTANT

SYMBOL_TRADE_EXECUTION_INSTANT成行注文の執行方式がinstant執行方式であることを示しています。

SYMBOL_TRADE_EXECUTION_MARKET

SYMBOL_TRADE_EXECUTION_MARKET成行注文の執行方式がmarket執行方式であることを示しています。

SYMBOL_TRADE_EXECUTION_EXCHANGE

SYMBOL_TRADE_EXECUTION_EXCHANGE成行注文の執行方式がexchange執行方式であることを示しています。

SYMBOL_START_TIME

SYMBOL_START_TIMEは該当シンボルの取引開始時間を示します(通常は先物取引に使用)

戻り値の型はdatetime型です。

datetime型については↓の記事をご参照ください

SYMBOL_EXPIRATION_TIME

SYMBOL_EXPIRATION_TIMEはシンボル取引開始時間を示します(通常は先物取引に使用)

戻り値の型はdatetime型です。

SYMBOL_TRADE_STOPS_LEVEL

SYMBOL_TRADE_STOPS_LEVELは各シンボル毎の、指値注文や逆指値注文におけるストップレベルを情報として示します。

戻り値データ型はint型です。

※ストップロス(SL)やテイクプロフィット(TP)をポジションに設定する時や、待機注文で新規ポジションを建てようとする時、そのSLTPの値や、待機注文の約定希望価格は「現在のBid値とAsk値から最低限これだけのポイントは離れたところに設定しなくてはいけない」という決まりがあります。

この「現在のBid値やAsk値から最低限離さなくてはいけないポイント」の事をストップレベルと言います。

ストップレベルについての詳細は↓の記事をご参照ください

SYMBOL_TRADE_FREEZE_LEVEL

SYMBOL_TRADE_FREEZE_LEVELは該当シンボルのトレードオペレーションが凍結されるまでの距離をポイント単位で示しています。

戻り値データ型はint型です。

SYMBOL_SWAP_MODE

SYMBOL_SWAP_MODEは該当シンボルのスワップが、どのような計算に基づいて付与されるのか、という情報を取得します。

戻り値データ型ENUM_SYMBOL_SWAP_MODE型です。

スワップとは、異なる国の通貨ペアを取引する際に発生する、2国間の金利差に基づく利息のようなものです。例えば、金利が高い国の通貨を買い、金利が低い国の通貨を売ると、トレーダーは金利差に相当する金額を受け取ることがあります。逆に、金利が低い国の通貨を買い、金利が高い国の通貨を売ると、その金利差に相当する金額を支払う必要があります。これをスワップと呼びます。

スワップの詳細は↓の記事をご参照ください

ENUM_SYMBOL_SWAP_MODE

ENUM_SYMBOL_SWAP_MODE識別子は以下の通りです

識別子説明
SYMBOL_SWAP_MODE_DISABLEDスワップ無効。
SYMBOL_SWAP_MODE_POINTSスワップはポイントとして請求されます。
SYMBOL_SWAP_MODE_CURRENCY_SYMBOLスワップはシンボルの基本通貨で払われます。
SYMBOL_SWAP_MODE_CURRENCY_MARGINスワップはシンボルの証拠金通貨で払われます。
SYMBOL_SWAP_MODE_CURRENCY_DEPOSITスワップは、クライアントの預金通貨で請求されます。
SYMBOL_SWAP_MODE_INTEREST_CURRENTスワップはスワップの計算の商品価格の指定年利として請求されます(標準銀行年は360日です)。
SYMBOL_SWAP_MODE_INTEREST_OPENスワップはポジションの始値から指定年利として請求されます(標準銀行年は360日です)。
SYMBOL_SWAP_MODE_REOPEN_CURRENTスワップはポジションを再オープンすることによって請求されます。ポジションは取引日の終わりに閉じます。次の日に、終値 +/- 指定されたポイントの数 (パラメータ SYMBOL_SWAP_LONG 及び SYMBOL_SWAP_SHORT)で開けられます。
SYMBOL_SWAP_MODE_REOPEN_BIDスワップはポジションを再オープンすることによって請求されます。ポジションは取引日の終わりに閉じます。次の日に、現在の売値+/- 指定されたポイントの数(SYMBOL_SWAP_LONG 及び SYMBOL_SWAP_SHORT パラメータ)で開けられます。

SYMBOL_SWAP_ROLLOVER3DAYS

SYMBOL_SWAP_ROLLOVER3DAYSはスワップが3日分加算される曜日情報を示しています。

戻り値データ型ENUM_DAY_OF_WEEKです。

※FX取引においては、市場が閉鎖している週末の金利分をカバーするために、一般的に週の特定の日に適用される3日分のスワップ料金が適用されます。例えば水曜日がその特定曜日にあたる場合、水曜日にポジションを保持している場合、その日のスワップ料金に加えて、土曜日と日曜日の分も含めた合計3日分のスワップが口座に適用されます。

ENUM_DAY_OF_WEEK

ENUM_DAY_OF_WEEK識別子は以下の通りです

SUNDAY日曜。
MONDAY月曜。
TUESDAY火曜。
WEDNESDAY水曜。
THURSDAY木曜。
FRIDAY金曜。
SATURDAY土曜。

SYMBOL_MARGIN_HEDGED_USE_LEG

SYMBOL_MARGIN_HEDGED_USE_LEGはヘッジされたポジション(互いに相殺される買いと売りのポジション)のうち、最も大きな取引量を持つポジションを基準にして、そのヘッジ(保険)に必要な証拠金を計算するかどうかを決める設定です。このオプションが有効(true)に設定されている場合、最大のポジションのみがヘッジ証拠金の計算に用いられます。無効(false)の場合は、この特別な計算方法は使用されず、通常の計算が適用されます。その場合、各ポジションに対して個別に証拠金が計算されるため、より多くの証拠金が必要となります。

戻り値データ型bool型です。

SYMBOL_EXPIRATION_MODE

SYMBOL_EXPIRATION_MODEは、該当のシンボルが、待機注文の注文切れモードに対応しているかどうかの情報を返します。

注文切れモードには下記の種類があり、それぞれの識別子が用意されています。

識別子説明
SYMBOL_EXPIRATION_GTC1注文は明示的にキャンセルされるまで、無制限の期間中有効です。
SYMBOL_EXPIRATION_DAY2注文は日の終わりまで有効です。
SYMBOL_EXPIRATION_SPECIFIED4有効期限の時刻が注文に指定されています。
SYMBOL_EXPIRATION_SPECIFIED_DAY8有効期限の日付が注文に指定されています。

※公式リファレンス内に、該当のシンボルにおいて、指定された有効期限のモードが許可されているかをチェックする関数のサンプルコードがあり、この関数でSYMBOL_EXPIRATION_MODEが使われているので参考にして頂ければと思います。

//+------------------------------------------------------------------+
//| 指定された有効期限のモードが許可されているかをチェックする                        |
//+------------------------------------------------------------------+
bool IsExpirationTypeAllowed(string symbol,int exp_type)
 {
//--- 許可された有効期限のモードについて説明したプロパティの値を取得する
  int expiration=(int)SymbolInfoInteger(symbol,SYMBOL_EXPIRATION_MODE);
//--- exp_type モードが許可されている場合はtrue を返す
  return((expiration&exp_type)==exp_type);
 }

SYMBOL_TICKS_BOOKDEPTH

SYMBOL_TICKS_BOOKDEPTHは、板情報(オーダーブック)において表示される、価格ごとの注文量(=リクエストの数)の最大値を指します。

つまり、トレーダーやアルゴリズムが一度に見ることができる注文の深さ、すなわち買い注文と売り注文の量を示す数字です。

、買いたい人と売りたい人の注文がリストアップされる「オーダーブック」が提供されていない、またはその情報にアクセスできない状況にある場合、返される値は0になります。

戻り値データ型long型です

SYMBOL_FILLING_MODE

SYMBOL_FILLING_MODEは該当通貨に許可されているフィルポリシーを返します。

フィルポリシーについては↓の記事をご参照ください

戻り値データ型long型です。

戻り値として取得できる識別子は以下の通りです

実行ポリシーID説明
FOKSYMBOL_FILLING_FOK1注文は指定されたボリュームでのみ実行できます。 必要な量の金融商品が現在市場で入手できない場合、注文は実行されません。必要なボリュームは、いくつかの利用可能なオファーで構成できます。 注文を送信するときに、このポリシーにORDER_FILLING_FOK注文タイプを指定できます。 FOK注文を使用する可能性は、取引サーバで決定されます。
即時またはキャンセルSYMBOL_FILLING_IOC2トレーダーは、注文に示された量の範囲内で市場で最大限に利用可能な量で取引を実行することに同意します。リクエストを完全に満たすことができない場合、利用可能なボリュームでの注文が実行され、残りのボリュームはキャンセルされます。 注文を送信するときに、このポリシーにORDER_FILLING_IOC実行タイプを指定できます。 IOC注文を使用する可能性は、取引サーバで決定されます。
パッシブSYMBOL_FILLING_BOC4The BOC (Book-or-Cancel)ポリシーは、注文が板情報でのみ発注でき、すぐに実行できないことを前提としています。発注時にすぐに約定できる場合、注文はキャンセルされます。 I実際、BOCのポリシーは、発注された注文の価格が現在の市場よりも悪くなる場合のみに指定できます。BoC注文はパッシブ取引を実装するために使用されるため、注文が出されてもすぐには実行されず、現在の流動性には影響しません。 指値注文と逆指値注文のみがサポートされています(SYMBOL_ORDER_MODEフラグにはSYMBOL_ORDER_LIMITおよび/またはSYMBOL_ORDER_STOP_LIMIT野値が含まれます)。
リターン識別子なし 部分的な実行の場合、残りのボリュームのある注文はキャンセルされず、さらに処理されます。 注文を送信するときに、このポリシーにORDER_FILLING_RETURN実行タイプを指定できます。 成行実行モード(成行実行— SYMBOL_TRADE_EXECUTION_MARKET)では、リターン注文は許可されていません。

SYMBOL_TRADE_MODE

SYMBOL_TRADE_MODEが該当のシンボルに何らかの取引制限がかかっているかどうか、の情報を返します。

識別子の名前がSYMBOL_TRADE_EXEMODEと似ていて紛らわしいので注意しましょう。

データ型ENUM_SYMBOL_TRADE_MODE型です。ENUM_SYMBOL_TRADE_MODEに定められている識別子は以下の通りです

識別子説明
SYMBOL_TRADE_MODE_DISABLEDシンボルの取引が無効。
SYMBOL_TRADE_MODE_LONGONLYロング(買い)ポジションのみ許可。
SYMBOL_TRADE_MODE_SHORTONLYショート(売り)ポジションのみ許可。
SYMBOL_TRADE_MODE_CLOSEONLYポジション決済操作のみを許可。
SYMBOL_TRADE_MODE_FULL取引制限なし。

SYMBOL_ORDER_MODE

SYMBOL_ORDER_MODEは該当のシンボルが、特定の注文種別に対して対応しているかどうかを返します。注文種別は、以下の識別子が割り当てられています。

識別子説明
SYMBOL_ORDER_MARKET1成行注文は売買とも使用可能です。
SYMBOL_ORDER_LIMIT2指値注文(買い指値と売り指値)は使用可能です。
SYMBOL_ORDER_STOP4逆指注文(売買)は使用可能です。
SYMBOL_ORDER_STOP_LIMIT8指値つきストップ注文は売買とも使用可能です。
SYMBOL_ORDER_SL16逆指注文は可能です。
SYMBOL_ORDER_TP32決済指は使用可能です。
SYMBOL_ORDER_CLOSEBY64Close By操作の許可、つまり、同じ製品の反対方向のポジションによる決済です。このプロパティは、ヘッジ会計システム( ACCOUNT_MARGIN_MODE_RETAIL_HEDGING)を持つ口座で設定されます。

※各注文種別に関しては、MQL5 EA講座 第60回「OrderSend関数とMqlTradeRequest構造体」において、MqlTradeRequest構造体インスタンスが呼び出すメンバ変数 .type の所でも詳しく解説しておりますので、よろしければ↓の記事リンクをご参照ください

SYMBOL_ORDER_GTC_MODE

SYMBOL_ORDER_GTC_MODEはSYMBOL_EXPIRATION_MODE(=該当のシンボルが、待機注文の注文切れモードに対応しているかどうかの情報)が、SYMBOL_EXPIRATION_GTC(キャンセルされるまで無期限に有効)を許可されている時の、待機注文の期限を返します。

「無期限なんだから、無期限でしょ?」と思うかもしれませんが、シンボルによって対応が異なる酔うんで、戻り値としデータ型ENUM_SYMBOL_ORDER_GTC_MODEが定められています。

識別子は以下の通りです。

識別子説明
SYMBOL_ORDERS_GTC未決注文と決済逆指値及び決済指値は、明示的なキャンセルが行われるまで無期限に有効です。
SYMBOL_ORDERS_DAILY注文は1営業日のみ有効です。一日の終わりに、未決注文や決済逆指値及び決済指値はすべて削除されます。
SYMBOL_ORDERS_DAILY_EXCLUDING_STOPS取引日が変更すると、未決注文だけが削除され、決済逆指値及び決済指値は保持されます。

SYMBOL_OPTION_MODE

SYMBOL_OPTION_MODEは該当するオプション取引のモード情報を返します。

戻り値データ型ENUM_SYMBOL_OPTION_MODEであり、以下の識別子が設定されています

識別子説明
SYMBOL_OPTION_MODE_EUROPEANヨーロッパのオプションは、指定された日付(有効期限、実行日、配達日)にのみ行使出来ます。
SYMBOL_OPTION_MODE_AMERICANアメリカのオプションは満了前の任意の取引日に行使することが出来ます。買い手がオプションを行使することが出来る期間は指定されています。

SYMBOL_OPTION_RIGHT

SYMBOL_OPTION_RIGHTは該当シンボルのオプション取引権利に関する情報を返します。

戻り値データ型ENUM_SYMBOL_OPTION_RIGHTで定められており、以下の識別子が設定されています。

識別子説明
SYMBOL_OPTION_RIGHT_CALLコール•オプションを使用すると、指定された価格で資産を買うことが出来ます。
SYMBOL_OPTION_RIGHT_PUTプット•オプションを使用すると、指定された価格で資産を売ることが出来ます。
MQL5リファレンス
スポンサーリンク
シェアする
エムキューエルをフォローする
スポンサーリンク
【超入門】MQL5 でEAを作ろうブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました