【MQL5】ENUM_PLOT_PROPERTY_INTEGERについて

MQL5リファレンス

ENUM_PLOT_PROPERTY_INTEGERは、選択された描画の型の表示を改良するために使用される識別子の集合です。これらの識別子は、PlotIndexSetInteger関数およびPlotIndexGetInteger関数で利用されます。以下では、各識別子について詳細に説明します。

スポンサーリンク

PLOT_ARROW

プロパティ型: uchar

PLOT_ARROWは、DRAW_ARROWスタイルの矢印コードを指定するための識別子です。この識別子を使用することで、チャート上に描画される矢印の種類を設定できます。例えば、矢印の形状や方向などをコードで指定する際に利用されます。

PLOT_ARROW_SHIFT

プロパティ型: int

PLOT_ARROW_SHIFTは、DRAW_ARROWスタイルの矢印の垂直シフトを指定するための識別子です。この識別子を使用することで、チャート上に描画される矢印の垂直方向の位置を調整することができます。具体的には、矢印が表示される位置を上下にシフトさせる際に利用されます。

PLOT_DRAW_BEGIN

プロパティ型: int

PLOT_DRAW_BEGINは、チャートウィンドウでの描画が始まる前の初期のバーの数や値を指定するための識別子です。
この識別子を使用することで、インジケータの描画が開始される位置を設定できます。
具体的には、チャートウィンドウ上で描画が開始されるバーの数を調整し、最初の何本かのバーをスキップすることが可能です。これにより、必要なデータが揃った時点から描画を始めるように設定することができます。

PLOT_DRAW_TYPE

プロパティ型: ENUM_DRAW_TYPE

PLOT_DRAW_TYPEは、グラフィック構成のタイプを指定するための識別子です。
この識別子を使用することで、描画されるグラフィックの種類を設定することができます。ENUM_DRAW_TYPEには様々な描画タイプが含まれており、これにより、ライン、ヒストグラム、シンボルなどの異なるグラフィック形式を選択できます。

インジケータの表示形式をカスタマイズする際に重要な役割を果たします。
ENUM_DRAW_TYPEについての詳細は↓の記事をご参照ください。

PLOT_SHOW_DATA

プロパティ型: bool

PLOT_SHOW_DATAは、データウィンドウでの建設値の表示を指定するための識別子です。
この識別子を使用することで、データウィンドウにインジケータの値を表示するかどうかを制御できます。値がtrueの場合、データウィンドウにインジケータの値が表示され、falseの場合は表示されません。これにより、ユーザーは必要に応じてデータウィンドウの表示をカスタマイズできます。

※データウィンドウは、各インジケータやオブジェクトの詳細な数値データを表示するためのウィンドウです。具体的には、チャート上に表示されているインジケータの値や価格データの詳細が確認できるウィンドウを指します。

PLOT_SHIFT

プロパティ型: int

PLOT_SHIFTは、バーの時間軸に沿ってインジケータのプロットをシフトさせるための識別子です。
この識別子を使用することで、インジケータの描画位置を水平方向に調整することができます。具体的には、インジケータの描画を左または右にずらすことができ、これにより視覚的な分析や他のインジケータとの比較が容易になります。プロットのシフト量はバーの数で指定されます。

PLOT_LINE_STYLE

プロパティ型: ENUM_LINE_STYLE

PLOT_LINE_STYLEは、線の描画スタイルを指定するための識別子です。
この識別子を使用することで、インジケータの線がどのようなスタイルで描画されるかを設定できます。ENUM_LINE_STYLEには、実線、点線、破線など、さまざまな線のスタイルが含まれています。これにより、チャート上の線の視覚的なスタイルをカスタマイズすることが可能になります。

PLOT_LINE_WIDTH

プロパティ型: int

PLOT_LINE_WIDTHは、描画線の太さを指定するための識別子です。
この識別子を使用することで、インジケータの線の太さを設定できます。線の太さはピクセル(デジタル画像を構成する最小の単位)で指定され、値を大きくすることで線が太く描画されます。これにより、チャート上での視認性を向上させたり、異なるインジケータの線を区別しやすくすることができます。

PLOT_COLOR_INDEXES

プロパティ型: int

PLOT_COLOR_INDEXESは、描画に使用する色の数を指定するための識別子です。
この識別子を使用することで、インジケータの描画において複数の色を利用することができます。色の数を設定することにより、インジケータが異なる条件や値に応じて異なる色で表示されるようになります。例えば、価格が上昇している場合と下降している場合で色を変えるといったカスタマイズが可能です。

PLOT_LINE_COLOR

プロパティ型: color (modifier = index number of colors)

PLOT_LINE_COLORは、描画の色を含むバッファのインデックス(通し番号)を指定するための識別子です。
この識別子を使用することで、インジケータの描画に使用する色を設定できます。インジケータが複数の色を持つ場合、それぞれの色をバッファ内の異なるインデックスで管理します。これにより、異なる状況や条件に応じて色を変えることが可能です。色はMQL5Color型で指定され、視覚的なカスタマイズが容易に行えます。

タイトルとURLをコピーしました