スポンサーリンク
ホーム » MQL5でEA作ろう講座 » 【超入門】MQL5 EA講座 第112回「iCustom関数について」【EAの作り方】
a

【超入門】MQL5 EA講座 第112回「iCustom関数について」【EAの作り方】

MQL5でEA作ろう講座
スポンサーリンク

-<PR>-

※【おススメのMT5MQL5対応のFX業者】

MQL5にて開発した、MT5EAを実運用するにあたり、

当サイトでは以下のFX業者をおススメいたします。

外為ファイネスト

EAの利用制限なし。スキャルピングもOK

外為ファイネストに関する記事はコチラ

アヴァトレードジャパン

自動売買界最狭スプレッド水準

アヴァトレードジャパンに関する記事はコチラ


———————————————————————

前回カスタムインジケ-タについて解説しました。

まず、「そもそもカスタムインジケ-タとは何か?」という基本から説明を行いました。

※詳細は「カスタムインジケ-タとは?→MT5に標準実装されていない特別仕様のインジケータのこと。」セクションをご覧ください。

その具体例として、MT5に実装されているカスタムインジケ-タ「BB」を取り上げ、そのサンプルコードを見ながら、要所要所のコード記述と、重要な役割を果たす関数SetIndexBuffer関数PlotIndexSetString関数)についての説明を行いました。

また、カスタムインジケ-タの情報をEAに実装するのにあたり、カスタムインジケ-タで使われているバッファ数や、描画バッファインデックス番号の紐づけ状況を把握する事の必要性について解説し、その確認方法についてもお話しました。

※詳しくは前回の記事内、

MT5のデータウィンドウから、カスタムインジケ-タのバッファ数を確認する」セクション

及び

カスタムインジケ-タの描画バッファのインデックス番号を推測する」セクション

をご覧ください。

今回は、前回解説したカスタムインジケ-タEAに有効活用する為の1手段として、iCustom関数の使い方についてお話していきたいと思います。

iCustom関数はかなり特殊な関数ですので、利用にあたって押さえておかなくてはいけない注意点がいくつかあります。

ただ、iCustom関数を自由に使いこなせるようになれば、MT5に実装済みの組み込みインジケータだけではなく、インターネット上で共有されていたり、購入できるカスタムインジケ-タEAに実装できるようになり、より一層EA開発の可能性を押し広げる事ができるようになります。

iCustom関数の使い方から注意点まで漏れなく伝えていきたいと思いますので、是非今回も楽しんで学習して頂ければと思います。

スポンサーリンク

iCustom関数とは?

iCustom関数は、カスタムインジケ-タの値を特定して、その値を取得する為に使われる関数です。

この講座の中ではiMA関数iStochastic関数のように、MT5内に実装されているインジケータ(=組み込みインジケータ)の値を取得する為の関数をいくつか紹介してきました。

しかし、インジケータというのは、MT5に実装されているもの以外にもたくさんあり、それらMT5に標準実装されていないインジケータを総称してカスタムインジケ-タと呼ぶ、という事は前回解説いたしました。

iCustom関数は、カスタムインジケ-タMT5のチャートに表示させるだけではなく、その値を自作EAに利用したい時に使われる関数となります。

iCustom関数の引数と戻り値について

iCustom関数引数戻り値は以下のようになっています。

int  iCustom( 
   string          symbol,    // 銘柄名 
  ENUM_TIMEFRAMES  period,    // 期間 
  string          name        // フォルダ/カスタム指標名 
  ...                          // 指標入力パラメータのリスト 
  );//戻り値は指標ハンドル

第1引数「symbol」には取引銘柄名を設定する。

iCustom関数の第1引数「symbol」には取引銘柄名を設定します。

定義済み変数_Symbol」を記述すると、プログラムを挿入したチャートの銘柄を指定したことになります。

定義済み変数については↓の記事をご参照ください。

MQL5 EA講座 第29回「定義済み変数について」

第2引数「period」には時間軸を設定する。

iCustom関数第2引数「period」には時間軸を指定します。定数ENUM_TIMEFRAMESで定められた値を設定します。0、もしくはPERIOD_CURRENTと記述すると現在のチャートの時間軸が適用されます

第3引数「name」にはカスタムインジケータの名前を正確に設定する。

iCustom関数の第3引数「name」にはカスタムインジケ-タの名前を「正確に」設定します。

この「正確に」という所が重要で、「正確に」という要件を満たせずに、iCustom関数を使ったEAが正常に作動しない、というケースは非常に多いので重ねて注意をお願いします。

改めてですが、第3引数には拡張子を除いた、カスタムインジケ-タの名前を「正確に」記述する必要があります。

「正確に」記述する為には、主に以下の点に注意を払わなければなりません。

インジケータ名の大文字小文字の区別が一致しているかどうか

前回の講座記事で解説したカスタムインジケ-タ「BB」を例にすれば・・・↓

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,PERIOD_CURRENT,"bb");
//↑正確なインジケータ名は「BB」なので、正しく値が読み込めない

“bb”と表記しても、正確なインジケータ名は「BB」なので、プログラムを実行した際に正しく値を読み込む事ができません。

スペースなどが意図せず入っていないかどうか

↑これも前回の講座記事で解説したカスタムインジケ-タ「BB」を例にすれば・・・↓

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,PERIOD_CURRENT,"BB ");
//↑正確なインジケータ名は「BB」なので、正しく値が読み込めない

正確なインジケータ名は「BB」なのに、半角スペースが一個入った「BB 」という記述になってしまっているので、プログラムを実行した際に正しく値を読み込む事ができません。

※逆のパターンで、実際にはスペースが入っている正式名称なのに、スペースを省略してしまっている為に、正しく値を読み込むことができない、という事もあるので注意が必要です。

フォルダー構造まで踏まえ、正確に記述されているかどうか

↑これについてはもう少し説明が必要になります。

大前提として、iCustom関数に使うカスタムインジケ-タの実行ファイルは「MQL5フォルダ」ディレクトリ内にある「Indicator」サブフォルダに格納されている必要があります。

そしてもし、「Indicator」サブフォルダのさらに下の階層にあるサブフォルダに格納されている場合、そのサブフォルダ名も把握している必要があります。

例えば前回111回でも取り上げた「BB」カスタムインジケ-タのファイルは、「Examples」というサブフォルダに格納されています。

この場合、iCustom関数の第3引数には”Examples//BB”という記述をする必要があります。

つまり↓のような記述は駄目で・・・

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,PERIOD_CURRENT,"BB");

↓のような記述に改める必要があります。

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,PERIOD_CURRENT,"Examples//BB");

↑のように、カスタムインジケ-タ名の前に、ダブルスラッシュ(//)を書き、サブフォルダ名「Examples」を記述する必要があります。

インジケータファイルが「Indicator」サブフォルダのさらに下の階層にあるサブフォルダに格納されているにも関わらず、第3引数にサブフォルダ名を含めずインジケータ名だけを記載した場合、プログラムを実行した際に読み込みエラーが発生します(コンパイルエラーは発生しません)

以下のようなソースコードを実行した場合、

void OnTick()
  {
      double middle[],upper[],lower[];
      
      ArraySetAsSeries(middle,true);
      ArraySetAsSeries(upper,true);
      ArraySetAsSeries(lower,true);
      
      int cutomHandle=iCustom(_Symbol,PERIOD_CURRENT,"BB");
      //↑インジケータ名の表記が間違っている為読み込みエラーが発生する
      
      CopyBuffer(cutomHandle,0,0,10,middle);
      CopyBuffer(cutomHandle,1,0,10,upper);
      CopyBuffer(cutomHandle,2,0,10,lower);
      
      Print(middle[1]);
      Print(upper[1]);
      Print(lower[1]);
  }

下の画像のように

「cannot load custom indicator’BB'[4802]」というエラーが発生します。

インジケータ名’BB’を読み込むことができませんでした」という意味合いのエラーです。

iCustom関数の第3引数を以下のように変更した上で再度実行してみると・・・

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,PERIOD_CURRENT,"Examples//BB");
//第3引数を"Examples//BB"に修正する

↓きちんと、値を読み込み、ログ出力されるようになりました。

第4引数以降にはカスタムインジケータに設定されているinput変数に従った情報を順番通りに設定する。

この第4引数以降には、使おうとしているカスタムインジケ-タにあらかじめ設定されているinput変数に従った情報を順番通りに記述する必要があります。

カスタムインジケ-タにあらかじめ設定されているinput変数に従った情報」

とはどういうことか?というのをまずは説明します。

前回から例として取り上げているカスタムインジケ-タ「BB」は、 int型の「InpBandsPeriod」、
同じくint型の「InpBandsShift」、double型の 「InpBandsDeviations」という3つのinput変数が設定されています↓

従って、iCustom関数の第4引数から第6引数までを、int型int型double型の順番で記述する必要があります。

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,PERIOD_CURRENT,"BB",15,0,3.0);

↑のような形ですね。ただ、これでは汎用性に欠けますから、メインプログラムでもinput変数を定めてパラメータとして変更できるようにするのが望ましいです。

input int     InpBandsPeriod_Main=20;       // メインプログラム用期間設定
input int     InpBandsShift_Main=0;         //メインプログラム用シフト設定
input double  InpBandsDeviations_Main=2.0;  //メインプログラム用標準偏差設定


void OnTick()
  {
      double middle[],upper[],lower[];
      
      ArraySetAsSeries(middle,true);
      ArraySetAsSeries(upper,true);
      ArraySetAsSeries(lower,true);
      
      int cutomHandle=iCustom(_Symbol,
                              PERIOD_CURRENT,
                              "Examples//BB",
                              InpBandsPeriod_Main,
                              InpBandsShift_Main,
                              InpBandsDeviations_Main);
      
      CopyBuffer(cutomHandle,0,0,10,middle);
      CopyBuffer(cutomHandle,1,0,10,upper);
      CopyBuffer(cutomHandle,2,0,10,lower);
      
      Print(middle[1]);
      Print(upper[1]);
      Print(lower[1]);
  }
//+------------------------------------------------------------------+

↑メインプログラムのグローバル領域でint型の「InpBandsPeriod_Main」、
同じくint型の「InpBandsShift_Main」、double型の 「InpBandsDeviations_Main」という3つのinput変数を設定しました。

カスタムインジケ-タ「BB」のinput変数設定に忠実に合わせた形です。

input変数については↓の記事をご参照ください。

MQL5 EA講座 第24回「Input変数」

int型については↓の記事をご参照ください。

MQL5 EA講座 第11回「データ型その1 整数型」

double型については↓の記事をご参照ください。

MQL5 EA講座 第12回「データ型その2 実数型」

カスタムインジケ-タ「BB」の場合は、以上のような手順で記述すればよい訳ですが、やっかいなのは、カスタムインジケ-タごとに用意されているinput変数の数が異なるという事です。

input変数が1個のカスタムインジケ-タの場合は第4引数だけ設定すればいい訳ですが、5個あるカスタムインジケ-タの場合は第4引数から第8引数まで設定する必要があります。

ただ数を合わせれば良いだけでなくデータ型も正しく設定しなくてはいけません。

↓の動画は本来、第6引数にはdouble型のデータを設定しなくてはいけない所を、途中で文字列の”2.5″(=string型)に変更したのち、ファイルを実行している模様です。

double型のデータであるべき所をstring型データが設定されている為、これも「cannot load custom indicator’BB'[4802]」という読込エラーが発生しています。

データ型については↓の記事をご参照ください。

MQL5 EA講座 第10回「データ型」

このように、元のカスタムインジケ-タに設定されているinput変数データ型と違う記述をしてしまうと、正常に動作しない可能性がありますし、input変数の数と異なる記述をしてしまっても同様に正常作動しない可能性があります。

「可能性がある」という曖昧な表現をしたのは、元のカスタムインジケ-タに設定されているinput変数データ型と違う記述を下からといって、必ずエラーが発生する訳ではないからです。

先ほど例に挙げたdouble型のデータであるべき所をstring型データに設定したケースは、数値であるべき所を文字列にしてしまっているわけですから、読み込みエラーが発生するのは容易に想像できるかと思います。

これが例えば、double型であるところをint型に記述した場合などは、同じ数値である訳ですから、読み込みエラーは発生しない可能性が高いです。

ただ、本来double型であるところをint型に記述した場合、データの切り詰め(truncation)が発生し、正確なデータの読み込みを阻害する場合があります。

※データの切り詰め等に関しては↓の記事をご参照ください。

従って、原則的には元のカスタムインジケ-タに設定されているinput変数データ型は揃えるようにするべきでしょう。

第4引数以降のinput変数記述は省略可能

第4引数以降のinput変数記述を一切記述せずに、省略するという事は可能です。その場合、元々のカスタムインジケ-タに設定されている初期値が適用されます。

この記事内の『第3引数「name」にはカスタムインジケータの名前を正確に設定する』セクションで例に出したサンプルコードでも第1引数~第3引数までの入力しかしていませんでした。

しかし第3引数カスタムインジケ-タ名を正しく入力した後は、正常に値を習得できています。

これは第4引数以降の入力を省略した事によって、第4引数以降の値には初期値が設定されたことを意味増します。実際に記述されているのは↓なのですが・・・

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,PERIOD_CURRENT,"Examples//BB");

カスタムインジケ-タ「BB」には3つinput変数が用意されており、以下の初期値が設定されているので・・・↓

↓のような書かれ方をしているのと同じことになっています。

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,
PERIOD_CURRENT,
"Examples//BB",
20,//InpBandsPeriodの初期値「20」が設定される
0,//InpBandsShiftの初期値「0」が設定される
2.0);//InpBandsDeviationsの初期値「2.0」が設定される

input変数箇所は全て省略しても構いませんし、

MQL5 EA講座 第46回「関数の初期値について」に記載されている原則に違反していなければ、一部の引数だけ省略することも可能です。

「BB」インジケータを例にした場合、

input変数の数とデータ型を完全に合わせて記述する場合のサンプルコードは以下のようになります。

input int     InpBandsPeriod_Main=20;       // メインプログラム用期間設定
input int     InpBandsShift_Main=0;         //メインプログラム用シフト設定
input double  InpBandsDeviations_Main=2.0;  //メインプログラム用標準偏差設定


void OnTick()
  {
int cutomHandle=iCustom(_Symbol,
                              PERIOD_CURRENT,
                              "Examples//BB",
                              InpBandsPeriod_Main,
                              InpBandsShift_Main,
                              InpBandsDeviations_Main,
                              );
//input変数の数とデータ型を完全に合わせて記述する場合      

カスタムインジケ-タ「BB」のファイルに設定されている3つのinput変数名に「_Main」という接尾辞をつけた「InpBandsPeriod_Main」「InpBandsShift_Main」「InpBandsDeviations_Main」というinput変数をグローバル領域に作り、それをiCustom関数の第4引数~第6引数に記述しました。

一方、input変数箇所は全て省略した場合のサンプルコードは以下のようになります↓

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,PERIOD_CURRENT,"Examples//BB");
//input変数箇所は全て省略した場合    

一部の引数だけ省略する、例えば第3引数だけ省略する場合ののサンプルコードは以下のようになります。

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,
                              PERIOD_CURRENT,
                              "Examples//BB",
                              InpBandsPeriod_Main,
                              InpBandsShift_Main);
//第3引数だけ省略した場合

スポンサーリンク

iCustom関数を使ってカスタムインジケータの値を取得する具体的な手順

iCustom関数戻り値及び、引数に関する説明が終わったので、

次は、iCustom関数を使ってカスタムインジケ-タの値を取得する具体的な手順を説明します。

とはいっても、カスタムインジケ-タインジケータの1種なので、↓の記事

MQL5 EA講座 第108回「インジケータを使ってエントリーシグナルを生成する」

で解説した、インジケータ値取得の手順と、殆ど同じです。

iCustom関数の第4引数に記述するための値をinput変数で設定する

既に書いたように、iCustom関数の第4引数以降には、「使おうとしているカスタムインジケ-タに設定されているinput変数に従った情報」を順番通りに記述する必要があります。

従って、メインプログラムのグローバル領域に必要なinput変数を設定しておきます。

カスタムインジケ-タ「BB」は、3つのinput変数が用意されていますから、メインプログラムにも3つinput変数を設定します↓

input int     InpBandsPeriod_Main=20;       // メインプログラム用期間設定
input int     InpBandsShift_Main=0;         //メインプログラム用シフト設定
input double  InpBandsDeviations_Main=2.0;  //メインプログラム用標準偏差設定

インジケータの値を格納する配列の宣言

OnTick関数の中に、カスタムインジケ-タの値を格納する配列の宣言を行います。

double middle[],upper[],lower[];

「BB」はマルチバッファインジケータなので、今回はmiddle[],upper[],lower[]という3つの配列を用意しましたが、もしEAのロジックに必要がないのであれば必ずしも3つ配列をしなくても大丈夫です。

例えば、中央ライン(=移動平均線)の値はEAロジックに採用しない、という事であればmiddle[]は省いてしまって構いません。

iCustom関数によるハンドルの取得

iCustom関数戻り値は、カスタムインジケ-タハンドル値です。組み込みインジケータ関数と同様、値そのものを返してくれるわけではありません。最終的にCopyBuffer関数を使って配列にコピーをする為に、まずはハンドル値を獲得します。

int cutomHandle=iCustom(_Symbol,
                              PERIOD_CURRENT,
                              "Examples//BB",
                              InpBandsPeriod_Main,
                              InpBandsShift_Main,
                              InpBandsDeviations_Main,
                              );

配列を時系列にセットする

続いて用意した配列の時系列セットを行います。

配列の時系列セットにはArraySetAsSeries関数を使います。

ArraySetAsSeries(middle,true);
ArraySetAsSeries(upper,true);
ArraySetAsSeries(lower,true);

ArraySetAsSeries関数については↓の記事をご参照ください。

CopyBuffer関数による、インジケータの値情報を配列にコピー

最後にCopyBuffer関数によってカスタムインジケ-タの値情報を配列にコピーします。

CopyBuffer(cutomHandle,0,0,10,middle);
      CopyBuffer(cutomHandle,1,0,10,upper);
      CopyBuffer(cutomHandle,2,0,10,lower);

一連の流れを見てもらえば、改めて他の組み込みインジケータ関数と使い方は同じであることがご理解いただけたかと思います。

引数の設定で、いくつか注意点を書いてきましたが、その点さえ押さえておけば、iCustom関数を怖がる必要は全くありません。

改めて注意を払いたい点は、自分が使いたいカスタムインジケ-タの値が、何番のバッファ番号かという事を正確に把握している必要があるという事です。

特に使いたいカスタムインジケ-タマルチバッファインジケータの場合、使いたい値とは違う値を用いてしまう可能性をはらんでいます。

バッファ番号の確認手順等については改めて前回の記事↓を読んで頂くことをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

今回はiCustom関数について解説を行いました。

iCustom関数は、カスタムインジケ-タの値を特定して、その値を取得する為に使われる関数である、という前提をまずお伝えした上で、iCustom関数引数戻り値について解説しました。

iCustom関数を使うにあたり、特に注意を払いたいのが

第3引数に、カスタムインジケ-タの名前を「正確に」記述する必要がある点と、

第4引数以降には「使おうとしているカスタムインジケ-タに設定されているinput変数に従った情報」を順番通りに記述する必要がある点

です。

この部分に記述ミスがあると、カスタムインジケ-タの値読み込みが正しく行われない可能性があるので、注意しましょう。

今回の記事における、

第3引数「name」にはカスタムインジケータの名前を正確に設定する。』セクション

及び

第4引数以降にはカスタムインジケータに設定されているinput変数に従った情報を順番通りに設定する。』セクションを繰り返し確認して頂ければと思います。

最後に、iCustom関数をメインプログラムでどのように使っていくのか、という点について説明をしました。基本的には他の組み込みインジケータ用の関数と同じように、

iCustom関数を使ってハンドル値を取得

値を格納する配列を用意

ArraySetAsSeries関数を使って配列を時系列セット

CopyBuffer関数を使って、値を配列にコピー

という手順を踏みます。

詳しくは

今回の記事『iCustom関数を使ってカスタムインジケータの値を取得する具体的な手順』セクションをご覧ください。

今回は元々MT5に実装されていた「BB」というカスタムインジケ-タを例にして説明しましたが、今回説明したiCustom関数を使った工程を踏めば、どのようなカスタムインジケ-タEAロジックに組み込む事ができます。

ただし、iCustom関数システムトレードの可能性を押し広げるポテンシャルを秘めた関数である一方で、確実な利益をもたらす魔法の杖では決してありません。

また、今回の記事でも書いてきたように、iCustom関数にはいくつかの注意点があり、それを押さえた利用をしないと正しく作用しないことが多々あります。今回の記事をしっかりと理解し、EA開発にうまく利用できるようになりましょう。

※ネット上にあまた存在するカスタムインジケ-タiCustom関数に突っ込んで、「動かなかった」という問い合わせを頂いても、お答えしかねますのであらかじめご了承ください。

今回は以上とさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

MQL5 EA講座 第111回「カスタムインジケ-タについての基本を知る」

        →MQL5 EA講座 第113回「インジケータの値をトレードシグナルに使う方法」

インジケータのコード記述について理解を深めるのであれば、以下の記事もおススメです。

パラボリックSARを例にとり、インジケータのコード記述を一気通貫で、徹底解説していますので、インジケータだけではなく、今までの講座記事で学んできたことを網羅的に復習できる絶好の機会にもなります↓

【徹底解説】MQL5ソースコード解体新書-パラボリック編-【MQL勉強用】

—————————————————————

-<PR>-

※【おススメのMT5MQL5対応のFX業者】

MQL5を使って自作したEAをシステムトレードに利用するには、取引プラットフォームとしてMT5を提供しているFX会社に口座を開設しなくてはいけません。

当サイトでは以下のFX会社での口座開設・EA運用をおススメしています。

おススメする理由の詳細につきましては、各FX会社について解説する記事を書いておりますので、下記のリンク記事を参考にしていただければと思います。


外為ファイネスト

EAの利用制限なし。スキャルピングもOK

外為ファイネストに関する記事は↓をご覧ください。

アヴァトレードジャパン

自動売買界最狭スプレッド水準

アヴァトレードジャパンに関する記事は↓をご覧ください。

フィリップ証券

フィリップ証券に関する記事は↓をご覧ください。

関連用語リンク集

MQL5FX関連の用語リンク集です。
当サイトでは、元々わからない言葉や概念に出くわしたら、すぐその言葉に立ち戻れるよう、かなり細かく内部リンクを張り巡らせており、多様な用語を網羅しています。

興味のある内容に直接アクセスし、疑問の解決にお役立ていただければと思います。

スポンサーリンク
MQL5でEA作ろう講座
スポンサーリンク
シェアする
エムキューエルをフォローする
スポンサーリンク
【超入門】MQL5 でEAを作ろうブログ
タイトルとURLをコピーしました