ホーム » MQL5リファレンス » 【MQL5】EnumToString関数について【MT5】
a

【MQL5】EnumToString関数について【MT5】

MQL5リファレンス

EnumToString関数の役割

EnumToString関数Enum列挙型の値を文字列型変換するために使われます。

型変換タイプキャスト)については↓の記事をご参照ください

関数については↓の記事をご参照ください。

Enum列挙型については↓の記事をご参照ください。

文字列については↓の記事をご参照ください。

EnumToString関数は、Enum列挙型の要素が何を意味しているかをテキスト形式で簡単に理解できるようにするために重要です。

例えば、取引注文の種類やエラーコードなどをユーザーが理解しやすい形で表示する際などに役立ちます。

EnumToString関数の引数

EnumToString関数は、一般的に一つの引数を取ります。この引数は、文字列に変換したいEnum列挙型の値です。関数は、この値を受け取り、対応する文字列を生成します。

EnumToString関数の戻り値

EnumToString関数戻り値は、指定されたEnum列挙型の値に対応する文字列です。この文字列は、プログラムのログやユーザーインターフェイスに表示するために使用されることが多いです。

EnumToString関数を使う上での注意点

EnumToString関数を使用する際の注意点としては、関数が受け入れるEnum列挙型の値が正しく、定義されている必要があります。また、Enum列挙型に定義されていない値を引数として渡すと、不正確な結果やエラーが発生する可能性があります。

EnumToString関数を利用したサンプルコード

// Enumの定義
enum DayOfWeek {
    Monday,
    Tuesday,
    Wednesday,
    Thursday,
    Friday
};

// EnumToString関数を使用するサンプル
void OnStart() {
  DayOfWeek today = Wednesday;
  string dayName = EnumToString(today);
  Print("今日は", dayName, "です。");
}

このコードは、DayOfWeek というEnum列挙型インスタンスを定義し、特定の日(ここではWednesday)を選択して、その日の名前を文字列として表示します。

インスタンスについては↓の記事をご参照ください。

EnumToString関数は、Enum列挙型の値Wednesday文字列"Wednesday"に変換し、それをログ出力します。

Print関数については↓の記事をご参照ください。

<参照>

DoubleToString関数/TimeToString関数/StringToTime関数

————————————————————————————–

※当サイトでは、プログラミング経験ゼロの方でも、プログラミングの基礎から学べる

<MQL5でEAを作ろう講座>

をメインコンテンツとして展開しています。

【言語基礎編】

【中級実際にEAを作ろう編】

【発展編・MT5用EAを作る工程をカスタマイズしていく】

第0回から、順を追って勉強していけばプログラミングの経験がなくてもMQL5を使って、MT5用のEAが作れるように書いています。最初は難しいと感じるかもしれませんが、繰り返し勉強していく事で自然とスキルが身についていくはずです。興味ある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました