ホーム » MQL5リファレンス » 文字列関数 » 【MQL5】StringGetCharacter関数について
a

【MQL5】StringGetCharacter関数について

MQL5リファレンス
スポンサーリンク

StringGetCharacter関数の働き・役割

StringGetCharacter関数は、指定された位置にある文字を取得するために使用されます。StringGetCharacter関数を使用することで、文字列の特定の位置にある文字を取得することができます。例えば、文字列の各文字を順番に処理する場合に便利です。

スポンサーリンク

StringGetCharacter関数の引数について

StringGetCharacter関数は以下の引数を取ります:

  1. str – 文字を取得する対象の文字列
  2. index – 取得する文字の位置。この位置は0から始まります。

例:StringGetCharacter("Hello", 1)という呼び出しは、「Hello」という文字列の中で、2番目の文字(「e」)を取得します。

スポンサーリンク

StringGetCharacter関数の戻り値について

StringGetCharacter関数は、指定された位置にある文字を返します。

戻り値ushort型です。この値はUnicodeコードポイントを表します。例えば、’A’のUnicodeコードポイントは65です

スポンサーリンク

StringGetCharacter関数を使う際の注意点

スポンサーリンク

StringGetCharacter関数を使ったサンプルコード

以下に、StringGetCharacter関数を使用したサンプルコードを示します。このコードは、元の文字列の特定の位置にある文字を取得し、その文字とそのUnicodeコードポイントをエキスパートログに出力します。


void OnStart()
  {
   // 対象の文字列
   string original = "Hello, MQL5!";
   
   // 取得する文字の位置
   int index = 7;
   
   // 指定された位置にある文字を取得します
   ushort character = StringGetCharacter(original, index);
   
   // 取得した文字とそのUnicodeコードポイントをエキスパートログに出力します
   Print("位置: ", index, " にある文字: ", CharToString(character), " (Unicode: ", character, ")");
  }

このサンプルコードの出力結果は以下の通りです:

位置: 7 にある文字: M (Unicode: 77)
スポンサーリンク

Unicodeコードポイントとは?

Unicodeコードポイントは、各文字に一意に割り当てられた番号です。例えば、文字 ‘A’ のUnicodeコードポイントは65であり、これはその文字の識別子として使用されます。

unicode自体についての詳細は↓の記事をご参照ください

スポンサーリンク

サンプルコードに使われた関数や文法要素の簡単な解説

<参照>

StringAdd関数/StringBufferLen関数/StringCompare関数/StringLen関数/StringConcatenate関数/StringFill関数/StringInit関数/StringFind関数/StringSetLength関数/StringReplace関数/StringReserve関数/StringSetCharacter関数/StringSplit関数/StringSubstr関数/StringToLower関数/StringToUpper関数/StringTrimLeft関数/StringTrimRight関数

タイトルとURLをコピーしました