ホーム » Uncategorized » おススメのMQL5・MT5対応FX業者:XMTrading
a

おススメのMQL5・MT5対応FX業者:XMTrading

Uncategorized

※この記事にはXMTradingに関するプロモーションが含まれています。

XMTradingの特長と始め方

当サイトはプログラミング言語MQL5を用いて自分でEAを開発し、システムトレード環境を構築できるようになる事を最終目標としたサイトです。

従って、サイト内で紹介するFX会社もMT5をトレード環境として提供している所に限定しております。

今回の記事では、MQL5MT5対応のおススメFX業者として「XMTrading」を取り上げます。XMTradingは、多様な取引商品、競争力のあるスプレッド、そして強力な取引プラットフォームを提供しています。

この記事では、そんなXMTradingの特長や口座開設の手順までの流れを詳しく解説していきたいと思います。

初めての方も安心。簡単口座開設はこちら

XMTradingとは?

会社概要

XMTradingは、2009年に設立され、現在は世界中のユーザーにサービスを提供している信頼性の高いブローカーです。グローバルな展開を支えるため、キプロス証券取引委員会(CySEC)、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、およびドバイ金融サービス機構(DFSA)の規制を受けています。

これらの規制機関は、それぞれ厳格な監督と規制を行っており、ユーザーの資金保護や取引の透明性を確保しています。

特に、資金の分別管理やネガティブバランスプロテクション(口座残高を超える損失が発生しない仕組み)などの安全措置が取られているため、安心して取引を行うことができます。

また、XMTradingは24時間体制のカスタマーサポートを提供しており、多言語対応のサービスを通じて、迅速かつ効率的なサポートを受けることができます。

多様な金融商品と取引プラットフォーム(MT4およびMT5)を提供しており、初心者から経験豊富な方まで、幅広いニーズに対応しています。これにより、取引の効率性を高め、より良い取引環境を提供しています。

規制と安全性について

XMTradingは、「会社概要」のセクションでも書いたように、各国の主要な規制機関(キプロス証券取引委員会(CySEC)、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、ドバイ金融サービス機構(DFSA))から認可を受けており、厳格な規制環境の下で運営されています。

これにより、我々の資金は分別保管され、口座残高を超える損失を防ぐ仕組みが提供されています。

一方で、この仕組みがないFXブローカーを選んでしまうと、市場の急激な変動によって口座残高を超える損失が発生するリスクがあります。

XMTradingは、こうしたリスクを回避し、安心して取引を行える環境を提供しています。

※ただし、XMTradingは信頼できる海外FX業者として評価されている一方で、日本の金融庁に登録されていない海外ブローカーでもあります。

従って、日本の金融商品取引法の保護対象外となるため、万が一トラブルが発生した場合、日本の法律に基づいた解決が難しい可能性もあります。

XMTradingを利用する際は、これらのリスクを十分に理解し、自己責任で行う必要があります。

豊富な取引商品

XMTradingは取引商品の多様さでも知られています。例えば、以下のような商品が取引可能です:

  • FX通貨ペア: USD/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、AUD/USDなど、主要およびマイナー通貨ペアを含む50以上のペア。
  • 暗号通貨CFD: ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、30以上の暗号通貨。
  • 株式CFD: アップル、アマゾン、テスラなど、1,250以上の個別株。
  • コモディティ: ゴールド、シルバー、原油など、15以上の商品。

これらの豊富な取引商品により、多様な市場で取引を行うことができ、自分の投資ポートフォリオを効果的に分散させることが可能です。

XMTradingの取扱金融商品についての詳細はコチラのリンクから確認できます

先進的な取引プラットフォーム

XMTradingは、MetaTrader5MT5)およびMetaTrader 4(MT4)をサポートしています。

特にMT5は、FX、株式、コモディティ、インデックスなどの広範な金融商品を一つのプラットフォームで取引できる大変パワフルなトレーディングツールです。

MT5では80以上のテクニカルインディケーターと40以上の分析ツールを備えており、詳細な市場分析が可能となっています。

さらに、マーケット注文、リミット注文、ストップ注文など多様な注文タイプをサポートしており、複雑な取引戦略を簡単に実行できます。

またMT5エキスパートアドバイザーEA)を用いた自動売買にも対応しています。

MT5EAMQL5という自動売買プログラム専用の言語で作成され、トレーダーの取引戦略を自動化します。

これにより、24時間市場を監視し、指定された条件が満たされたときに自動的に取引を実行することができます。

**************************************************

当サイトでは難解と言われ、ネット上でも情報が少ないプログラミング言語MQL5について、プログラミングを一切触った事がない初心者の方でも自分でEAを作れるようになる「MQL5でEA作ろう講座」というコンテンツを完全無料でお届けしています。

【言語基礎編】

【中級実際にEAを作ろう編】

【発展編・MT5用EAを作る工程をカスタマイズしていく】

【クライマックス編・これまでにやってきたことを全て使ってEAを完成させる】

とレベル別に分かれており、

第0回から学習を進めていけば誰でもEAを使ったシステムトレードが構築できるように、世界で一番わかりやすくMQL5について解説していますので是非ご覧になってみてください。

**************************************************

さらに、MT5にはストラテジーテスターという強力なバックテスト機能が内蔵されており、過去のデータを使用してEAのパフォーマンスを検証できます。

バックテストについての詳細は↓の記事をご参照ください。

これにより、リスクを最小限に抑えながら自動売買の取引戦略を最適化することが可能です。

XMTradingMT5は下記のリンクからダウンロード可能です。

また、MT5の詳しいダウンロード方法やインストール手順を知りたい方は下記の記事で解説していますので、ご参照ください↓

MQL5 EA講座 第1回「メタトレーダー5とメタエディター5のダウンロード」

競争力のあるスプレッド

XMTradingは、主要な通貨ペアに対して競争力のあるスプレッドを提供しており、これにより取引コストを抑えることができます。

口座種別にもよりますが、例えば、EUR/USDの平均スプレッドは1.6ピップス、USD/JPYの平均スプレッドは1.5ピップスです。

XMTradingの各口座種別ごとのスプレッドコチラのリンクから確認ができます

このスプレッド水準は、トレーダーに安定した取引環境と信頼性の高いサポートを提供するために必要最低限なコストを反映した上で、という事を加味すると十分抑えられたものだと言えます。

レバレッジと資金管理について

XMTradingは、柔軟なレバレッジオプションを提供しており、その範囲は地域によって異なります。レバレッジとは、トレーダーが元手の数倍の資金を運用できる仕組みであり、リターンを大きくする可能性がありますが、同時にリスクも増大します。

レバレッジについてもっと詳しく知りたい方は下記の記事リンクをご参照ください。

例えば、非ヨーロッパ地域では最大1:1000のレバレッジを利用することができます。

これに対して、ヨーロッパやイギリスでは、規制の厳しい環境下にあり、最大レバレッジが1:30に制限されています。これは、EUの金融規制当局がトレーダーの過度なリスクを防ぐために設定した基準です。

高いレバレッジを利用する場合、少額の資金で大きな取引を行うことが可能となりますが、その分、マーケットの小さな変動が大きな損失を生むリスクもあります。

XMTradingでは、こうしたリスクを管理するために、レバレッジの設定を慎重に行い、資金管理の重要性を強調しています。具体的には、トレーダーは自身のリスク許容度を理解し、適切なレバレッジを選択することが推奨されています。

XMTradingは、トレーダーに対して資金管理ツールも提供しており、これによりリスクを適切に管理しながら取引を行うことができます。

XMTradingがサイト内で用意している各種計算ツールはコチラのリンクから利用できます。

リンク先では

必要証拠金やピップ値、スワップを計算することができるオールインワン計算ツール

その時点の実勢レートを用いて、様々な通貨から通貨への換算ができる通貨換算ツール

取引ごとのリスクをより正確に監視できるように、基本通貨のピップ毎の値を確認できるピップ値計算ツール

必要な証拠金を計算することができる証拠金計算ツール

2つの通貨間の金利差を計算することができるスワップ計算ツール

FX取引にて予想される利益や損失を評価することができる損益計算ツール

などが利用できます。

XMTradingの口座タイプ

XMTradingは、トレーダーのニーズに合わせた複数の口座タイプを提供しています。それぞれの口座タイプには独自の特徴と利点があり、取引スタイルや資金に応じて最適な選択が可能です。以下に、主要な口座タイプとその特徴をまとめた比較表を示します。

項目 マイクロ口座 スタンダード口座 KIWAIMI極口座 Zero口座
基本通貨 USD, JPY, EUR USD, JPY, EUR USD, JPY, EUR USD, JPY, EUR
最低入金額 $5 $5 $5 $5
スプレッド 1ピップ~ 1ピップ~ 0.6ピップ~ 0ピップ~
レバレッジ 最大1:1000 最大1:1000 最大1:1000 最大1:500
取引手数料 なし なし なし $3.5/100,000通貨
1ロットの取引量 1ロット=1,000通貨 1ロット=100,000通貨 1ロット=100,000通貨 1ロット=100,000通貨
対応プラットフォーム MT4, MT5 MT4, MT5 MT4, MT5 MT4, MT5
ポジション毎の最大ロット数 100ロット 50ロット 50ロット 50ロット
入金ボーナス あり あり なし なし
スワップ あり あり あり なし
特徴 小口取引向け、低リスクでの取引が可能 一般向け、幅広い取引商品が利用可能 低スプレッド、高流動性での取引が可能 ECN型、非常に狭いスプレッド、手数料あり

各口座の特徴

マイクロ口座は、1ロット=1000通貨で設定されている為、初心者や小口の資金で取引を始めたいトレーダーに適しています。最低入金額も5ドルと低く設定されており、リスクを抑えた取引が可能です。

スタンダード口座は、幅広い取引商品にアクセスできる一般トレーダー向けの口座です。マイクロ口座同様に最低入金額が5ドルと低く、スプレッドは1.0ピップスからで取引手数料は不要です。初心者から中級者まで幅広く利用されています。

KIWAMI極口座は、スプレッドを重視するトレーダーに最適ですスプレッドは0.6ピップスからと非常に狭く設定されています。取引手数料も発生せず、高流動性の取引が可能です。

XM Zero口座は、非常に狭いスプレッドでの取引を希望するトレーダーに向いています。スプレッドは0.1ピップスからとなっており、1ロットあたり3.5ドルの手数料がかかります。これはECN口座の特徴であり、取引コストを最小限に抑えたいトレーダーに支持されています。

ECNについては下記の記事をご参照ください↓

※各口座種別ごとの詳細についてはコチラのリンクから確認ができます

XMTradingの各口座種別ごとのスプレッドコチラのリンクから確認ができます

口座開設手順

XMTradingの口座開設はシンプルで、必要な手続きはすべてネットで完結でき、早ければ数時間でリアル口座での取引が開始できます。

とはいえ、初めてFX口座を開設される方も多いでしょうから、そんな方々にも躓かずに無事口座開設まで辿り着けるよう、これから具体的な口座開設の手順と注意点を画像を交えてわかりやすく説明していきたいと思います。

口座開設の流れ1:アカウントの登録


まず、XMTradingの公式ウェブサイトにアクセスし、「口座を開設する」ボタンをクリックします↓

クリックすると、アカウント登録ページに移動します。ここで、名前、メールアドレス、電話番号などの基本情報を入力します。

「登録」ボタンをクリックすると、メールアドレスに「Eメールアドレスの認証」という件名のメールが届きます。

メール本文を確認すると、以下ののような内容になっていますので「Eメールを認証する」ボタンをクリックします。

メール内の「Eメールを認証する」をクリックすると、会員ページに遷移します。

口座開設の流れ2:会員ページからリアル口座開設手続きに進む

会員ページに移ったら、最下部の「マイアカウントの概要」という箇所から「リアル口座を開設する」をクリックしてください。

クリックするとリアル口座の設定画面に遷移しますので、これから開設する口座についての設定をしていきます。


希望する取引プラットフォーム(MT4またはMT5)、および希望する口座タイプ(マイクロ口座、スタンダード口座、KIWAMI極口座、Zero口座)、レバレッジ、基本通貨等を選択します↓

続行する」を押すと、取引口座のパスワードを設定する画面に移ります。

先程もパスワードを設定しましたが、先程のパスワードは会員ページにログインする為のものであり、今回設定するパスワードはこれから使おうとしている取引プラットフォームであるメタトレーダー5(MT5)にログイン・アクセスする為のものです。

先程の会員ページ用パスワードと同様に

・10~15文字を使用

・数字を1つ以上使用

・英語アルファベットの小文字を1文字以上使用

・英語アルファベットの大文字を1文字以上使用

・特殊文字「 #[]()@$&*!?|,.^/\+_- 」を1文字以上使用

という条件を満たしたパスワードを設定し、「完了」ボタンを押しましょう。

入力項目に不備がなければ、「完了」ボタンをクリック後、口座が開設された旨の画面が表示されます。この後は口座認証の手続きに移ります。

口座開設の流れ3:口座認証の手続きをする

口座を認証する」ボタンを押すと個人情報入力画面になりますので、氏名、生年月日、出生地、電話番号等を入力して「続行する」ボタンをクリックします↓

次の画面で「納税識別者番号(TIN)はお持ちですか?」という聞き馴染みのない言葉について質問されます↓

このブログを見てくださっている多くが、日本在住の日本国籍の方だと思いますので、上の「税義務のある米国市民ですか?」という質問に対しては、「いいえ」をチェックで問題ないのですが、その下の「納税識別者番号(TIN)」という言葉に戸惑う人もいるかもしれません。

「納税識別者番号(TIN)」とはマイナンバー(個人番号)の事

納税者識別番号(TIN: Taxpayer Identification Number)とは、各国の税務当局が納税者を一意に識別するために発行する番号です

納税者識別番号は、国ごとに異なる形式や構成が採用されている訳ですが、要は日本における納税者識別番号は要はマイナンバー(個人番号)の事です。

マイナンバーカードやマイナンバーが記載された通知カード、マイナポータル、各種証明書・申請書の控えなどからご自身のマイナンバーを確認し入力して「財務状況を追加する」をクリックしてください。

※注意:この時「いいえ」を選択すると、納税者識別番号を提出できない理由をプルダウンメニューから選択して画面を進める流れになるのですが、日本国外に居住していて納税者識別番号の取得が法的に必要の無い場合等の特別な事情がない限り、XMTradingでは納税識別番号の申告が必須となっています(カスタマーサポートに問い合わせて確認済みです)。

現時点でマイナンバーカードを取得していなくても、マイナンバー自体は全体に割り振られている番号です。

マイナンバーが記載された通知カードや各種証明書・申請書の控え等で確認が可能です。

もし今手元にマイナンバーを確認できるものが何もないようであれば一度お住いの公的機関にお問合せ頂くのが宜しいかと思います。

※その他口座開設にあたり、何か不明点があれば、一度XMTradingのカスタマーサポートにお問合せをお願いします。

財務状況等を入力する

次の画面では財務状況等の入力を求められます↓

年間入金予定額、口座開設目的、雇用形態、業種、年収、推定純資産の入力を画面の案内に従って行い、「続行する」をクリックしてください。

身分証明書と住所証明書の提出を行う

次の画面では身分証明書と住所証明書の提出をおこないます。この書類提出手続きが完了しないと、取引アクセスや出金ができませんので必ず済ませましょう。

身分証明書類の提出
身分証明書としてはパスポートや運転免許証、マイナンバーカードなどが受付可能です。

上記の書類のカラーコピーを取って、指定のファイル形式にした上でアップロードしましょう。

住所証明書としては画像に書いてあるように、マイナンバーカード、保険証、住民票、公共料金の請求書や銀行の取引明細書などが受け付けられます。

これも上記の書類のカラーコピーを取って、指定のファイル形式にした上でアップロードしましょう。

注意:身分証明書と住所確認書類はそれぞれ別の書類を提出する必要があります。

例えば運転免許証やマイナンバーカードは身分証明書と住所確認書類両方の要件を満たしていますが、身分証明書と住所確認書類両方に運転免許証のコピーをアップロードして手続きをすると、後程別の住所確認書類を提出するようXMTradingから求められます。

運転免許証やマイナンバーカードを身分証明書として提出する場合でも、別途それ以外となる住所確認書類を用意してアップロードするようにしましょう。

口座開設の流れ4:XMTradingからの各種メールを確認する

アップロードが完了すると「新規取引口座がご利用可能となりました」と「証明書類アップロード完了通知」いう件名のメールが届きます。それぞれ以下のようなものです。

新規取引口座がご利用可能となりました」メール↓

証明書類アップロード完了通知」↓

提出された書類が問題なく確認されると、XMTradingから改めて「口座認証完了のお知らせ」という件名のメールが送信されます↓

これで、口座開設に必要なすべての手続きは完了です。

取引を開始するために口座に資金を入金し、取引が開始できます。

XMTradingは、銀行送金、クレジットカード、電子ウォレット(Neteller、Skrillなど)など、さまざまな入金方法を提供しています。※初回入金額は、選択した口座タイプによって異なります。

XMTradingのカスタマーサポートについて

XMTradingは、顧客に対して高品質なカスタマーサポートを提供しています。

取引中に直面する可能性のある問題や質問に迅速に対応するため、24時間体制でサポートを提供しています。XMTradingのカスタマーサポートには、次のような特徴があります。

XMTradingのカスタマーサポートは、多言語対応を行っており、日本語を含む多くの言語でサポートを受けることができます。

また、即時対応のライブチャットサポートを提供しており、リアルタイムでサポートスタッフとコミュニケーションを取り、迅速に問題を解決することが可能です。

特に、取引中の急なトラブルや疑問が発生した場合、この即時対応のチャットサポートは非常に有用です。

さらに、XMTradingの公式ウェブサイトには、ヘルプセンターが設置されており、様々なトピックに関する詳細なガイドやFAQが提供されています。

ヘルプセンターでは、アカウントの管理、入出金、取引プラットフォームの使用方法などに関する情報が豊富に揃っており、自分で情報を検索して問題を解決することが容易な仕組みが設けられています。

総じて、XMTradingのカスタマーサポートは、その多言語対応と即時対応のチャットサポートを通じて、安心して取引を行える環境を提供されていると言えるでしょう。

まとめ

今回はXMTradingについて紹介しました。

XMTradingは、多様な口座タイプ、柔軟なレバレッジ設定、競争力のあるスプレッド、そして多言語対応のカスタマーサポートを提供する信頼性の高いブローカーです。

マイクロ口座、スタンダード口座、KIWAIMI極口座、Zero口座といった選択肢があり、各口座にはそれぞれの取引ニーズに応じた特徴があります。

特に、当サイトではMQL5を利用したエキスパートアドバイザーEA)の開発情報を提供しているため、MT5対応の口座を推奨しています。MT5は高度な分析ツールや追加の取引商品を提供しており、自動売買に最適です。

また、XMTradingは定期的に特典やプロモーションを実施しており、入金ボーナスやスワップフリーオプションなど、多様な特典が利用可能です。詳細な情報や最新のプロモーションについては、こちらのリンクをご覧ください。

豊富なボーナス特典満載!即日口座開設

今回は以上とさせて頂きます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

<免責事項>

当記事で紹介するFXブローカーは、あくまでも筆者の個人的な意見に基づくものであり、必ずしもすべての読者にとって最適なブローカーであるとは限りません。 FX取引は、高いリスクを伴うものであり、損失を出す可能性があることを十分に理解した上で、自己責任において行う必要があります。 当記事で提供される情報は、正確性や完全性を保証するものではありません。FXブローカーに関する最新の情報は、必ず公式サイト等で確認するようにしてください。 当記事に記載されている情報やアドバイスに従ってFX取引を行った結果、損失が発生した場合でも、筆者や当サイトは一切の責任を負いかねます。

タイトルとURLをコピーしました